Airbnbで山梨の一泊を予約!部屋の検索から予約までの一部始終

2015年のシルバーウィーク。二週間前からホテルを探し始めたのですが、なかなか楽天トラベルや一休では納得のいく宿が取れない状況でした。そこで、じゃあここは視点を変えて、新しいことにチャレンジしてみようと思い、最近利用者も増えているというAirbnbを使って宿をとることにしました。

スポンサードリンク

Airbnbで部屋の検索から予約までの一部始終

まずはAirbnb利用登録

Airbnbトップ画面

Airbnbの利用登録はいたってシンプルでした。利用登録はFacebookアカウントと紐付けた上で、必要な情報を埋めていく形で進んでいくとてもシンプルなもの。特に不自由なく完了できました。

Airbnbで宿泊する部屋探しを開始

登録が終わってからは宿泊先探し。宿泊希望地域や滞在日程、人数で絞りこみができるようになっていて、まずは希望の「静岡」「2名」「2015年9月20日」で検索すると、その日に空いている物件が表示されました。

静岡をAirbnbで検索

物件数はさすがにこの時期だけあって少なめ。ですが、いくつか写真を見る限りきれいで立地も私の旅のプランとマッチするものがありました。

いざAirbnbで部屋を予約!しかし却下連絡が

Airbnb注文
気になった宿泊候補のなかから最終的に一つに絞り、いざ予約のステップへ。決済用のクレジットカード番号など必要な情報を入力して予約プロセスを終了させました。「これでシルバーウィークも安泰」すぐにホストから「20日の受付賜りました」という旨のメールが届くだろうと思っていました。しかし、届いたのは、残念な「却下」のお知らせでした。

少し納得いかないホストとのやり取り

「え!? 初回のairbnbでいきなり!?」そう思いながら却下のメッセージを読んでいくと、そこには理由が記載されてありました。確認すると、「12歳以上でないと宿泊できない」とのこと。なるほど、きっと私のアカウントの設定が12歳以下になってしまっていて、単純にそこにひっかかって却下されたんだと思いました。そのため、宿泊するのは30代である旨伝え、再度受け入れをお願いしました。

すると今度は「仕事の都合上、泊めるが難しい」という意の返信が届きました。なるほど、いずれにしても泊まれなかったんだな、と思いこの物件の利用は諦めました。

一連のやり取り

あとでこの物件を見てみると、まだ空きのステータスになっていました。恐らく単純に泊めたいステータスを持った人間じゃなかったんでしょう私。残念です。。。(5時間後、8時間後、24時間後、いつ確認しても空いています。。。。)

気を取り直して2件目へ

旅籠
さて、1件目がダメだったので2件目にあたります。2件目は静岡から外して山梨の古い旅籠を利用した物件に。

物件の詳細を見てみると、シェアルームとのことなので、どのような造りなのかが気になりました。そこでまずはホストに問い合わせ。ホストは部屋は襖や障子で分かれている旨説明してくださり、不明点も無くなったので、こちらにお世話になることにしました。プランの変更も快く受け入れてくださりとても気持ちのいいやりとりで予約完了。宿泊は9月20日。初のairbnbは旅籠で。いまからとても楽しみです。

スポンサードリンク