Apple Watch Series2の初期設定方法

Apple WatchApple Watch Series2はご存知Appleのスマートウォッチ。スマートウォッチの中では圧倒的な人気を誇り、スマートウォッチをつけている人を見かければApple Watchをつけている、そんな現在の環境だと思います。何よりもiPhoneと連携できるところがポイントで、多くの人がそれを利点に選んでいます。

さて、今回はそんなApple Watchの使い方について。

初めてご使用になる方に向けて、初期設定の方法を紹介します。

若干これまでのiPhoneの利用や設定によって手順や設定項目が異なりますので、いかに記したものとステップが異なる場合もあります。全体のステップを俯瞰するためにご覧いただければと思います。

スポンサードリンク

Apple Watchの電源をオンにする

まずはじめにApple Watchの電源をオンにします。以下のサイドボタンを長押ししてください。

サイドボタンを押す

Apple Watchで言語設定する

電源を入れると、使用できる言語が表示されます。ここでは「日本語」をタップします。

iPhoneとペアリングを開始する

日本語の設定が終わると、ペアリングの手続きがスタートします。画面に「ペアリングを開始」と表示されますので、その表示をタップしてください。

iPhoneでApple Watchアプリを立ち上げる

ここからはiPhone側の操作です。iPhoneでApple Watchアプリのアイコンをタップしてアプリを立ち上げます。

Apple Watchを押す

ペアリング開始を押す

「ペアリングを開始」をタップします。

ペアリングの開始

Apple Watchをカメラに向ける

iPhoneのカメラでApple Watchを捉えて表示の枠の中に収めます。

合わせる

ペアリングが完了する

ペアリングが完了します。引き続き設定を行っていくために「Apple Watchを設定」を押します。

設定開始

装着する腕を決める

装着する腕を選びます。

利用規約に同意する

利用規約に同意します。

利用規約に同意

Apple IDでサインインする

Apple IDでサインインします。

Apple IDでサインイン

ワークアウトの経路追跡

ワークアウトの経路追跡の設定をします。

ワークアウトの経路追跡

共有される設定を確認します

iPhoneと共有される設定を確認します。

共有される設定の確認

パスコードを設定する

パスコードを設定します。

パスコードの設定

アクティビティを設定

アクティビティの設定をします。

アクティビティを設定

緊急SOS

緊急SOS電話の設定をします。

緊急時の設定

アプリのインストール

iPhoneにインストールされているアプリの中でApple Watchに対応したものをインストールします。

利用可能なアプリのインストール

同期が開始される

iPhoneとApple Watchの同期が開始されます。

同期が完了する

同期が完了すると、初期設定も完了です。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。MacやWindowsPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢。何かお探しのものがあれば、のぞいてみてください。

Amazonタイムセール
スポンサードリンク