Apple Watch Series2で通知を個別にオフにする方法

Apple WatchApple Watchはスマートウォッチの中でも圧倒的な人気を誇るスマートウォッチ。Appleのブランド力はもちろんのこと、なによりもiPhoneとの連携が購入の決め手。iPhoneを持っているユーザーはApple Watchを購入する、そんな流れができています。

さて、今回はそんなApple Watchの使い方について。

Apple Watchで通知を個別にオフにする方法を紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watch Series2で通知を個別にオフにする方法

Apple Watch Series2で通知を個別にオフにする方法は以下の通りです。

iPhoneでApple Watchアプリを立ち上げる

Apple Watch Series2とペアリングしたiPhoneでApple Watchアプリのアイコンをタップしてアプリを立ち上げます。

Apple Watchを押す

通知に進む

「通知」を押して通知の設定に進みます。

通知に進む

Apple純正アプリの通知をオフにする場合の手順

削除したいアプリを選択する

Apple純正のアプリを削除する場合は削除したいアプリを選択します。

メールを選択

カスタムを選択する

「カスタム」を選択します。

カスタムを選択

通知を表示をオフにする

「通知を表示」をオフにします。

通知を表示をオフに

純正以外のアプリの通知をオフにする場合の手順

通知をオフにする

通知画面に表示されているアプリの右側にある通知のスイッチをオフにすることでアプリの通知をオフにできます。

通知をオフに

以上になります。

通知はApple Watchでも来すぎると嫌なもの。ぜひご利用になって、欲しい通知だけをもらうように設定してみてください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。MacやWindowsPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢。何かお探しのものがあれば、のぞいてみてください。

Amazonタイムセール
スポンサードリンク