Apple Watch Series2でバッテリー残量を表示する方法

Apple WatchApple WatchはAppleのスマートウォッチ。圧倒的な人気を誇り、スマートウォッチをつけている人をみればApple Watchをつけている、そんな現在だと思います。やっぱりiPhoneとの連携が選ばれる理由になっているようです。

さて、今回はそんなApple Watchの使い方について。

Apple Watchをつけていると、気になるのが充電です。ここでは、Apple Watchのバッテリー残量を表示する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watch Series2でバッテリー残量を表示する方法

Apple Watch Series2でバッテリー残量を表示する方法は簡単です。以下のプロセスで表示ができます。

時計を表示する

まずはじめに、時計の文字盤を表示します。時計の文字盤を表示するには、アプリを使用していた場合は、以下赤枠の「デジタルクラウン」を押します。

文字盤を表示する

文字盤を上にスワイプする

文字盤を上にスワイプします。

文字盤を上にスワイプする

バッテリーの残量が表示される

バッテリーの残量が表示されます。(下の例の場合75%)

バッテリー残量をタップ

以上になります。

バッテリーは、Apple Watchをつける上では気をつけて見ておきたいものの一つ。ぜひ残量の表示方法を覚えておいて、常にマネージいただければと思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。MacやWindowsPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢。何かお探しのものがあれば、のぞいてみてください。

Amazonタイムセール
スポンサードリンク