転職か社内異動か 直近の私の思い。早く動く

オフィス30代は自分の人生を改めて考えるとき。多くの人が転職するか、社内でプレゼンスを発揮させるかの決断をして、各々の道に進んでいます。

最近、そのことを身を持って感じる日々が続いていて、実際私の課の同僚が数名、転職を決め、引き継ぎの段階に入っています。

同僚がいなくなるのは業務上のヘッドカウントが少なからず減るわけで、今いるメンバーに負担はかかるところ。ですが、新たな道に踏み出すって大きな決断ですからしっかりお祝いしていきたいと思います。

そして、一方で考えるのが自分自身。周りに影響を受けず、とは思うものの、実際はそのようにはいきません。MBAから復帰後、業務に邁進してきましたが、業務内容も同僚退職により、より作業や実務ベースのものが増え、学び得てきたものを体系化する、その想いとはかけ離れたものになりつつあります。

このままでいいのだろうか?

社内で異動するか、外に出るか。「業務に忙殺されてチャンスを逃さないようにしなくては」改めて感じ、アクションを起こしていこうと思います。

社外はヘッドハンターを使ってレバレッジ

社外のチャンスはヘッドハンターを使って時間にレバレッジをかけていこうと思います。ビズリーチで既に出会ったヘッドハンター。それに加えてスカウトを送ってくださるヘッドハンターにも会ってみたいと思います。

ここ最近は帰宅も24時近く。なかなかヘッドハンターと会う時間が作れないものの、会ってしまえばヘッドハンターに色々お願いすることで自分の時間にレバレッジがかかりますし、提案される内容の傾向から、自分の可能性を仮で算出することもできます。まずは改めてコンタクト。求人を見て自分の仕事に忙殺されているマインドセットに変化を起こしたいと思います。

社内は他部門のマネジメントと会おう

社内のチャンスは自分で切り開いていくしかないと思っています。私の強みはウェブですが、ウェブってやっぱりマーケティング戦略の、4Pの中のPromotionやPlaceの一部。マーケティングに携わる者にとって当然なくてはならない知識なものの、そこへのスペシャリティを突き詰めていくよりも、もっと上の目線で全体戦略考えたいと思います。ポジションの数も違いますし。色々コネクション使って当たっていきたいと思います。

将来への活動は二刀流で

将来への活動は二刀流。社内と社外で。わざわざ社外だけに標的を絞る必要もないと思います。そして、社外にアプローチするときは、適切な転職エージェントを見つけましょう。私は既にビズリーチで信頼できるヘッドハンティング会社に出会いました。これからも出会う予定です。

リクナビネクストに登録されている方は多いと思いますが、それに加えてビズリーチの登録を私はオススメします。優秀なヘッドハンターが揃う、高収入案件が豊富な転職サービスです。

まずはビズリーチに登録してみては?

ビズリーチは、ビズリーチのすべてのサービスを受けようとした場合は有料です。しかし、登録は無料で、登録すればヘッドハンターからのスカウトも、求人も見ることができます。人によっては、それだけで十分という人もいます。まずはビズリーチに無料会員登録して、求人の中身を確認してみてはいかがでしょうか?

転職サイト ビズリーチ 公式サイトへ

ビズリーチで転職活動・ビジネスについて

2015.09.15
スポンサードリンク