ビズリーチを使ったハイクラス転職エージェントとの出会いと自分の可能性

Good30代は自分の人生を振り返り、次へのステップを考える時期。私も30代中盤に差し掛かり、次のステップを考えています。

一般的に、選べる方向性は二つ。会社に残ってマネジメントを狙うか、転職して新しい経験を積むか。どちらを選ぶかに正解はありません。自分が納得できるか、最終的にはそれに尽きるのだと思います。

私は今、転職に向けて中期的に動いていますが、ヘッドハンターや、リクルーティング関係の方に会って気づいたことがあります。それは、自分自身の可能性。自分で思った以上に幅があるということです。

ここからは、ヘッドハンター、エージェントに会った経緯と、感じた可能性についてお話しします。

スポンサードリンク

転職サイトビズリーチへの登録

オフィス
35歳が近くなってきたことで、自分の今後のキャリアについて考えるようになった私。会社ではいわゆる係長クラス。MBAに通い、ビジネス全般も理解してきたところでした。

おそらくこのままいけば、会社でもそこそこのポジションには付けそう。そう思ったものの、私の会社の課長の役割を見て、「課長になるまで3年、そこから部長になるにはさらに5年」という一般的なスパンを考えると、部長になるまでの8年間、どこまで自分が成長できるのか疑問に思う部分ができてきました。

これをきっかけに、「外も見てみよう」という気持ちになり登録したのが「ビズリーチ」でした。

ビズリーチはMBAの授業に社長の南さんがお越しになったこともあり、そのユニークなビジネスモデルに興味をもっていたところ。ハイクラス人材に注力し、優秀で本気の人材(エージェント側、求職側双方)を集めていくエコシステムに共感していたところでした。「これを機に利用しよう」そう思ったのが登録の第一歩でした。

登録後ヘッドハンターに会う

サラリーマン
登録後はヘッドハンティング会社からのスカウトや、企業、たとえばコンサルティングファームからのオファーもありました。

私の場合、中での昇進を考えるか、外への転職を考えるか、どちらかに絞って検討はしていなかったため、「まず私の経歴でどんな職種につけるのか?」「どれくらいの年収を目指せるか?」だったりを確認したかったため、複数のヘッドハンターに会うことにしました。

ヘッドハンターに会って分かったのが、現在の求人倍率や、私の経歴に合致する職務。私はウェブ、デジタルの経歴が長いので、それを活かした職務に就くことを希望していましたが、私の経歴からの広がりは、日系の歴史のある事業会社だけでなく、LINEなどのITプラットフォーム系、外資系事業会社、コンサルティングファームなどにまで及ぶとのことでした。

特にコンサルは私の経歴からはぴったりで、経験を十分に使えて自分の価値を高められるとのこと。というのも、デジタルの領域に強いコンサルティングファームであっても、実務経験を積んでいる人材や、実際の運用をわかる人材の絶対数が少ない一方で、クライアント企業からのニーズが高く、需要と供給がマッチしていない状況であるということ。一番高く売れそうな時期でもあるということでした。

年収ベースでは、基本的に900万円以上、できれば1000万越えの案件結びつけるし、実際に問題なくそれくらいで行けると思うという話を受けました。年収ベースで現状+α。さらに新しいチャレンジングな環境に身を置くことができる、成長できる場に自分を置くことができる。そう思うと「アリ」のように思えてきました。

なによりこの動きから分かったのが「選択肢は無数にあり、自分の価値は社外でも見てもらえるものである」ということ。今属している会社は、本当に一つの選択肢であるということを改めて感じました。さらに年収も、現状+α狙える。30代中盤で1,000万越え、現在の会社では、1,000万円超えの価値で見てくれません。

ぜひ皆さんも外から見た自分の価値を計ってみませんか?

ぜひ皆さんも、自分自身の価値を計ってみませんか?社内で見られている自分の価値と、外で見られる自分の価値はことなることが多々。まずは外に出る構えをして、外の世界をのぞいてみることをおすすめします。どんなオファーが来るか、どのくらいの待遇の案件が来るか。転職サイトに登録してみてみるのが面白いと思います。

私のおすすめは「ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの案件に注力している転職サイト。本気な人が集まる場所なので、採用側も求職側もアグレッシブ。ハイクラス案件がだいぶ頻繁に決まるようで、転職後の平均年収は900万円を超えるよう。一度「ビズリーチ」に登録してみて、どんな案件が来るか、どのように見られているかを見てみてはいかがでしょうか。

ビズリーチはレジュメ登録までは無料。レジュメを登録すれば、ヘッドハンターや企業からオファーを受けることができます。まずとっかかりとして、このようなオファーを受けて、どんな案件が来るのか眺めてみるのも良いかもしれません。

人生の転機ともなりえる転職。ぜひ「この選択、正解だった」と言えるような判断を下していきたいですね。

転職サイト ビズリーチ 公式サイトへ

ビズリーチで転職活動・ビジネスについて

2015.09.15
スポンサードリンク