外資系IT企業へ転職活動 ビズリーチで優良ヘッドハンターを見つけました

駅
35歳まであと2年。今の会社の事業も好きだし待遇も悪くない。普通に過ごしていれば転職なんて考える必要がない環境にいた私ですが、今年の6月より転職活動をはじめました。

理由はもしかしたら今よりもチャレンジングでやりがいがあり、待遇がいい会社があるかもしれない、と考えたたからです。昨今の外資系ITプラットフォーム系サービス企業、例えばUberやAirbnbなどの活動にも共感するところが多々あり、そのような企業の日本支社で働くことに興味もありました。

そこでまず初めの第一歩として転職サイトに登録しました。

登録したのはビズリーチ。高収入求人が多く、外資系ITの案件も多いという話を知人から聞いていたからです。そして、使ってみると期待通りのクオリティ。まだ転職こそしていませんが、納得のいく転職のパートナー作り(お世話になるヘッドハンター探し)はできました。今回はそこまでの体験談をお話ししたいと思います。

転職 求人サイトのビズリーチ公式サイトへ

スポンサードリンク

ビズリーチを利用した登録から面談まで

面談前

ビズリーチの登録から面談まで、以下のように進めていきました。

ビズリーチに職務履歴書を登録

ビズリーチには大きく二つの職探し方法があります。一つは検索。もう一つはヘッドハンター、企業からのスカウトです。スカウトメッセージはビズリーチ内にある受信ボックスに届き、そこからコミュニケーションを開始します。

私はヘッドハンター経由での転職活動を考えていましたので、職務履歴書を完成させた後、ヘッドハンターからの連絡を待ちました。

職務履歴書を登録してからは、多くのお誘いが届きました。日本語の職務履歴書のみ登録していた期間は日本企業の案内ばかり届きましたが、英文職務履歴書を登録してからは外資系案件も届くようになりました。

スカウトメッセージの内容

ヘッドハンターから届くメッセージの内容は、多くが一度スカイプか、面と向かっ話しませんか?というもの。メッセージの内容や、ヘッドハンティング会社の得意領域などを加味して数名のヘッドハンターとコミュニケーションをとり、スカイプ、電話、面談を行いました。

私の経験上、スカイプや電話では職務履歴書に基づく経歴に関する質問を受けた上で、希望の職種について話し、会話後ヘッドハンティング会社に訪問したり、メールで求人案内をもらったりします。

印象的だったのは恵比寿の外資系ヘッドハンティング会社

一番印象的で、こことお付き合いしていこうと思ったのは恵比寿の外資系ヘッドハンティング会社。通常と同様、スカウトメッセージを受信後連絡を取り合い会社に訪問しました。

訪問すると、まずはじめにコンサルタント二人に職務履歴についてのヒヤリングミーティングを受けます。いままでどんなことをやってきたか、成果はどの程度のインパクトがあったか、などのを中心に、入社から一つ一つ話しました。そして、希望の職種がITサービスということも伝えました。

その後、別の数人と現在募集中の案件について議論しました。多くの人が利用している定番のクラウドサービスの会社など、気になる職はありましたが、ピンポイントにそこに行きたい!と思っていたわけではないので、簡単な概要を聞いてスルーしました。

中盤から後半にかけては、ITサービス系を担当する部署のマネージャーと話をしました。

事実ベースの話をされるかたで、たとえば「今やっているような職は外資系サービスの日本支社では募集はない。シリコンバレーでやっている。」「日本支社はあくまでベースはセールスブランチ」「マーケティングやるならある程度日本支社の規模があり権限が委譲されているところの方がチャレンジング」「日系企業の本社にいた方が面白いこともある」「Googleなら直接申し込んだ方がいい」など、お話しいただけました。

そのような話をした上で、幾つか、いま案件ないけれど、ここなら繋がりあるから紹介できる、という企業をあげていただき、最後にタイムライン的にはこれくらいから転職活動スタートしようか、というような話ができました。

外資系ITに向けたヘッドハンティング会社はここに決めた

外資系転職はここにしよう。そう思えるいい出会いでした。ビズリーチに登録して出会えたパートナー。まだこれからではありますが、コミュニケーションとりながら、いい選択ができればと思っています。

ぜひ皆さんも、まずはオファーを見てみませんか?

ぜひ皆さんも、ご自身にくる転職オファーを見てみませんか?

私はビズリーチを経由して、多数のオファーを見て実際にヘッドハンターに会い、自分の可能性を確認できました。「どんなオファーが来るか?どのくらいの待遇の案件が来るか?」転職サイトに登録してみてだけしてみて、実際に経過を見るのが面白いと思います。

私のおすすめはこれまでお話しし続けていた「ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの案件に注力している転職サイト。本気な人が集まる場所なので、採用側も求職側も本気で取り組んでいます。サービス利用者の中ではハイクラス案件がだいぶ頻繁に決まるようで、転職後の平均年収は900万円を超えるようです。一度「ビズリーチ」に登録してみて、どんな案件が来るか、どのように見られているかを見てみてはいかがでしょうか。

ビズリーチはレジュメ登録までは無料。レジュメを登録すれば、ヘッドハンターや企業からオファーを受けることができます。

人生の転機ともなりえる転職。もちろん「自社に残る」という選択肢もありますが、「この選択、正解だった」と言えるような判断を下していきたいですね。

転職サイト ビズリーチ 公式サイトへ

ビズリーチで転職活動・ビジネスについて

2015.09.15
スポンサードリンク
スポンサードリンク