Coffee Valleyは池袋のサードウェーブコーヒー

Coffee Valley
ブルーボトルコーヒーの日本上陸から少し日時が経過し、やっと流行ではなく定番として認知されてきたサードウェーブコーヒー。

コーヒーがカップに運ばれるまでのトレーサビリティや豆の生産地、入れ方などそれぞれの工程にこだわるサードウェーブコーヒーは飲んでいて楽しいもの。私はサードウェーブの波を受けてあらためて色々な店を開拓することにしてさまざまなコーヒーに出会い、充実した時間を過ごしています。

今回は池袋のCoffee Valleyを紹介します。池袋ではとても貴重なコーヒー店です。

スポンサードリンク

池袋のサードウェーブコーヒーCoffee Valley

Coffee Valley店舗

池袋のサードウェーブコーヒーCoffee Valleyは池袋駅東口にあります。少しわかりにくいですが、池袋駅東口地上からおそらく5分あればたどり着けると思います。

とても入りやすい雰囲気

外観はシンプル。外から内観が覗けるので入りやすいです。内装はウッディな感じでいいコーヒー屋さん。サードウェーブ感が出ています。入ってすぐ左手にカウンターがあり、そこでコーヒーを注文します。

おすすめはTHREE PEAKS

Coffee Valleyの面白いところはドリップ、エスプレッソ、マキアートをそれぞれ少量づつエスプレッソカップで楽しむことができる「THREE PEAKS」という飲み方を提供していること。600円と3種飲めることを考えるとリーズナブルな価格設定。今回はこちらを注文しました。

THREE PEAKS

今日は浅煎りで酸味のあるフルーティな味わい。ドリップはとてもすっきりした飲み口です。最近このあたり流行りなんですかね。浅煎りで酸味のあるドリップを飲む機会が多い気がします。もともと私は酸味好きで問題ないですが、スタバの深煎りに慣れた日本人が、酸味のあるコーヒーを受け入れることに個人的に驚いています。

さて、話を戻して「THREE PEAKS」を構成する、他のマキアートと、エスプレッソも同じ豆で作られており、それぞれで同様に豆の個性を感じることができました。すっぱいエスプレッソはインパクトが強いですね。もちろんグッドの方向で。マキアートは個人的に苦めのコーヒーベースが好みなのであまり口に合いませんでした。

雰囲気もとても落ち着いていて好みな空間。池袋はなかなか来ないエリアですが次回池袋に訪れる際にもこちらに来てコーヒーを楽しみたいと思います。

メニュー(一部)

本日のコーヒー 450円
ラテ 530円
ソイラテ 580円
カフェモカ 580円
エスプレッソ 380円
3 PEAKS 600円

店舗情報

COFFEE VALLEY(コーヒーヴァレー)
東京都豊島区南池袋2-26-3
03-6907-1173
8:00~22:00、土日祝9:00~22:00
池袋駅東口より徒歩4分

スポンサードリンク