Googleの広告設定を変更する方法 | 自分の興味を変更する

googleウェブサイトを閲覧するとよく目にするバナー広告。これらは、多くの場合、GoogleやYahooの広告ネットワークから表示されている広告で、閲覧している人の興味や関心に合わせて表示されるバナーが制御されています。

「この人はきっとこんなものに興味あるはず」と言ったユーザーの興味・関心の判断は、基本的にYoutubeなどの閲覧行動ログによってなされていますが、「こっちのジャンルの広告はもううんざり」だったり「このジャンルの広告は表示されると困る」といった場合には、Googleの広告設定から変更することができます。

ここでは、Googleの広告設定からご自身の興味・関心設定を変更する方法を紹介いたします。

スポンサードリンク

Googleの広告設定で自分の興味・関心を変更する方法

Googleの広告設定で自分の興味・関心を変更する方法はかんたんです。以下の手順で設定を変更することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

Google広告設定のページにアクセスする

まずはじめに、Googleの広告設定のページにアクセスします。以下のURLよりお進みください。

Googleの広告設定へ進む

関心を外したい場合:チェックを外す

Googleの広告の管理画面では、以下のようにGoogleが判断したご自身の興味が並べられています。このなかでチェックが入ったものを基に広告が配信されていますので、チェックを外すことで、そのジャンルに関連する広告が配信されなくなります。

広告の管理

関心を追加したい場合:関心ごとを入力して追加

興味や関心を追加ボタンをクリック

関心のあるジャンルを追加したい場合は、以下の画像の「新しい興味や関心を追加」をクリックします。

新しい興味や関心ごとを追加

興味を入力

表示されたテキストボックスに興味を入力します。

興味を入力

興味を候補から選択

テキストを入力すると興味の候補が表示されるので選択します。

候補から選択

興味に追加する

「追加」ボタンを押します。

追加を押す

興味が追加される

興味が追加されました。

興味が追加される

広告はさまざまな場所で表示されますから、出来るだけ自分にとって有益で不快の無いものにしたいところ。今回の広告設定をご自身の好みのものに設定して、いらないものを排除しておけば、興味・関心を基にした広告についてはご自身にとって有意義なものになるはずです。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク