Facebookの近隣エリア広告の推奨画像サイズは?

iPhone企業のオンライン広告担当にとって、Facebook広告の攻略は大きなポイントの一つ。Facebookが矢継ぎ早に出す広告商品のうち、「自社にあった広告の出し方は何で、どのようなクリエイティブなのか」といったことは担当が責任を持って分析せねばなりません。

さて、今回はそんな企業担当者が取り組んでいるFacebook広告について。近隣エリア広告に最適とされる推奨形式について説明します。

Facebookの近隣エリア広告の推奨形式は?

Facebookの近隣エリア広告の推奨画像形式は以下の通りです。

・推奨画像サイズ: 1,200 x 628ピクセル
・画像アスペクト比: 1.9:1

Facebookは広告用画像の制作にも注意

Facebook広告の画像については、画像内に入るテキスト量を気をつけなければなりません。具体的には、全体の画像面積のうち、文字の比率を20%以内にすることをおすすめします。

Facebookは以前まで画像内に占めるテキストの割合が20%以上の場合、広告として配信できませんでした。現在はテキスト含有率が20%を超えても配信できるようになりましたが、テキストの含有率によって広告の配信ボリュームが鈍ったり、配信が制限されます。

以上になります。
企業のウェブサイト担当者にとってFacebook広告の攻略はテーマの一つ。推奨フォーマットを利用しながら、PDCAサイクルを回し、「その時点で最適と思われる運用」を追求していただければと思います。

Facebook公式 近隣エリア広告のデザイン推奨事項

スポンサードリンク