オンライン広告のCPM(Cost Per Mill)とは?その意味について

オンライン
企業のウェブ・オンライン広告運用担当者は、マーケティング戦略を実行するおおきな責務を担っています。媒体、クリエイティブをはじめ、モバイル、デスクトップなどのデバイス、土日の強弱など、さまざまな判断しなければなりません。

そして、上記のような判断するには、膨大な評価指標を理解しなければなりません。世の中に知れ渡っているROIのようなものだけでなく、広告ならではの指標が多数存在します。ここではそのような指標の一つである、オンライン広告のCPM(Cost Per Mill)について、その意味を紹介します。

photo by Social Media | Flickr – Photo Sharing!

スポンサードリンク

オンライン広告のCPM(Cost Per Mill)とは?

CPMとはCost Per Millの略称で、オンライン動画広告の指標。広告を1,000回表示したときの広告コストになります。純広告だったり、アドネットワークを使用した広告の指標として利用されます。

利用する広告サービスによってCPC課金であったり、CPM課金であったりさまざまですので、広告メニューを追加される際は、どの指標で課金設定がされるかは注意してみる必要があります。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク