Facebook企業アカウントの投稿はすべてのファンに届かない?

Facebookロゴ
企業のFacebook担当者が毎日投稿しているポスト、すべてのファンのニュースフィードに表示されていると思っていませんか?実は、企業アカウントがポストする投稿は、すべてのファンのニュースフィードには表示されておらず、表示されているのはファン全体の5%~10%前後だと言われています。どれだけリーチするかはポストの内容次第だったりしますが、通常のポストでリーチできる顧客がこれだけしかいないというのはとても驚きですよね。今回はそのロジック、考え方について簡単にお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

Facebookでポストした投稿がファンに届かない理由

Facebookのアルゴリズム

facebook website screenshot
Facebookのタイムラインの表示はFacebookのアルゴリズムによって決められています。ご存知の通りFacebookのニュースフィードは多くの情報を表示するほど広くなく、そこには「友達の投稿」「友達のシェア」「企業の投稿」の各々がその表示を競い合っています。

Facebookはできる限りユーザーが欲しいと思っている情報を優先的にニュースフィードに表示しようとしますから、Facebookの企業アカウントの投稿が「友達の投稿」や「友達のシェア」と同じかそれ以上の意味を持たない限りユーザーのニュースフィードに表示されるのは難しいということです。

Facebookのアルゴリズムはどんなアルゴリズム?

FACEBOOK(LET) Back
Facebookのタイムラインに表示する投稿を決めているアルゴリズムはもちろんFacebook独自のもの。その大きな要素は以下の3つになると言われています。

  • 親密度・・・いいね!やコメント、投稿に対するアクション(たとえば写真の拡大など)
  • 重要度・・・他のファンの「いいね!」「シェア」「コメント」
  • 時の経過・・・ポストされてからの時間やアクションがついてからの時間
  • これらを評価して、それぞれ個々人のニュースフィードに表示する投稿をFacebookは決めていると言われています。FacebookはSNSですし、本来のサービスは個人個人のインタラクションで、至極真っ当にユーザー目線なロジックだと思いますが、多くのお金を払ってファンを集め続けてきたナショナルクライアントにとっては残念な話です。

    スポンサードリンク