Google(GDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)とは?

googleデジタルマーケティング担当者にとって、GDN、YDNの仕組みを理解するのは職務上一番初めにやらなければならないこと。それぞれのメニューを理解して、ビジネス上狙うべき顧客に対して広告を配信する必要があるからです。

ここではGoogle(GDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)について紹介します。

スポンサードリンク

Google(GDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)とは?

Google(GDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)とは、特定の興味・関心を持ったユーザーに対して広告を配信するメニューです。どのようにユーザーの興味・関心を分類しているかというと、それはユーザーのブラウザ上の検索クエリや行動履歴から。Google独自のアルゴリズムによってどのような分野に興味があるかが分類されています。

ちなみに、Googleのご自身の分類は以下で確認することができます。

Google広告の管理

Google(GDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)を使えば、例えば、ご自身がノートPCやタブレットなどを商材としていて持っていたときに、「コンピュータ、電化製品」に興味があるユーザー分類を指定して、ディスプレイ広告を配信することができます。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク