オンライン広告のインリード広告とは?その意味について

オンライン広告担当
企業のオンライン広告担当者は、企業全体のマーケティング戦略を体現する重要な役割をになっていて責任は重大。プランニング、実行、レビュー、それらを高速で回し、最終的なマーケティングゴールに到達させるのが任務となっています。

それらを運用していくだけで手いっぱいになりそうな中、テクノロジーは進化し、常に新しい広告商材が開発されているのがこの世界。ついていくだけで大変ですよね。

最近では、動画広告の中で「インリード広告」という形態が注目されています。

ここでは、インリード(inRead)広告について紹介していきます。

photo by Alejandro Pinto

スポンサードリンク

オンライン広告のインリード広告とは?

オンライン広告のインリード広告とは、Youtubeなどでよくみられる、動画のはじめや中間に挟まれるインストリーム広告と異なり、ニュースなどの記事を読んでいる中で、記事中に挿入される動画広告のこと。記事を読んでいると途中で記事が割られて動画広告が再生されます。

インリード広告の利点は、なによりもYoutubeなど動画サイト以外の配信面に動画が配信できること。Youtubeなど動画サイトには、多くのユーザーがいますが、一方で動画サイトに来ないユーザーがいるのも事実。Youtube以外の面に広げる時の一つの手段として利用ができます。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク