Google Adwords キーワードプランナーとは?内容と使い方

Mac企業のウェブ担当者にとって、検索エンジンからのユーザー流入増は大きなミッションのひとつ。スマートフォンの普及が進み、いつでもどこでも気になったらまずは検索、という行動が当たり前になった今、ユーザーのその瞬間をとらえるためには検索結果で自社サイトを上位表示させなければなりません。

検索結果上位を取る手法はSEOとリスティング広告が大きな手法ですが、リスティング広告の策を取るにあたり、便利なツールがGoogleから提供されています。キーワードプランナーというツールです。今回は、キーワードプランナーについて、その紹介と、キーワードプランナーの使い方について紹介します。

Google Adwords キーワードプランナーとは

キーワードプランナー
Google Adwordsのキーワードプランナーとは、オンライン広告運用者にはおなじみのGoogle広告配信プラットフォーム「Google Adwords」の機能のひとつ。リスティング広告配信計画するにあたって必要な情報をキーワードベースに算出してくれるツールです。例えば、特定のキーワードでの月間検索量や、他の広告主との競合性、特定のキーワードで入札した際の推奨入札価格を調べることができます。特定のキーワードの月間検索量はSEO対策を行うにあたっても参考になる数字だと思います。

Google Adwordsキーワードプランナーの使い方

Google Adwordsキーワードプランナーの使い方は簡単です。以下の手順で使うことができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

キーワードプランナーにアクセス

まずはキーワードプランナーにアクセスします。

キーワードプランナーはこちら

ログイン

以下赤枠から、キーワードプランナーにGoogleアカウントでグインします。

キーワードプランナー

キーワード検索に進む

ログインするとキーワードプランナーのメイン画面に進みます。以下赤枠の「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を押します。

フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索

キーワードを入力する

「宣伝する商品やサービス」にキーワードを入力します。

キーワードを入力する

オプションに進む

「キーワードオプション」をクリックします。

キーワードオプションをクリック

オプションを設定する

「入力した語句を含む候補のみを表示」をクリックしてオンにします。

オプションを設定する

候補の取得

「候補を取得」をクリックします。

候補の取得をクリック

以上の作業で、キーワードに関する情報を取得できます。

候補を取得

Google Adwordsキーワードプランナーの結果を見る

キーワードプランナーで特定のワードを調査した結果のどこを見ていくべきかをここから説明したいと思います。※ここでは「時計」というワードをキーワードプランナーで調査した結果を例に進めます。

月間検索ボリューム

検索ボリューム
月間検索ボリュームは、キーワードがどれだけ月間で検索されているかを示す指標です。今回の例になっている「時計」の場合、月間検索ボリュームは165,000回でした。リスティング広告を出稿していくにあたっては、ある程度検索ボリュームが無いと広告が表示される回数も少なく、結果的にマーケティング目標に対するインパクトが小さくなってしまいます。ですので、月間検索ボリュームを見るにあたっては、ある程度太いボリュームがあるところを狙っていく必要があると思います。

競合性

競合性
競合性は、特定のキーワードに対して、リスティング広告を出稿している広告主同士の競合性を三段階(高中低)で示したものです。「低」は競合が少なく比較的他社と入札で競う頻度が少なく、「高」は他社と入札で競わなければならない人気のキーワードであることを示しています。今回の「時計」の場合は競合性は「高」となっており、相対的に他のキーワードより入札している広告主が多いということになります。

推奨入札単価

推奨入札単価
特定のキーワードで入札した際の推奨入札単価です。指定した地域と検索ネットワークの設定に基づいてクリック単価が算出されていますが、クリック単価はキーワードに対する入札額だけで決まるものではないので、あくまで参考値になります。実際リスティング広告を運用してみると、この水準より上のクリック単価で推移することもよくあります。最終的には入札してからの運用調整が必要になります。

掛け合わせキーワード

検索クエリ
今回の設定では、もともと設定した単体キーワード(今回の場合では「時計」)の検索に対する結果と、当該キーワードとの掛け合わせ(例えば「時計 購入」)の検索での結果が表示されています。単体キーワードはボリュームが出ますが検索しているユーザーのインサイト、例えば「時計が欲しい」「時計のおすすめのブランドを知りたい」「時計の歴史を知りたい」などがあいまいなため、広告を出してクリックしてもらってもユーザーの意図と沿わず直帰されてしまう可能性も多々あります。

ですので、単体キーワードだけ、もしくは単体キーワードではなく掛け合わせキーワードでの出稿を検討したほうがビジネスゴールに近づく可能性があり、検討する必要があります。掛け合わせキーワードもそれぞれ月間検索ボリューム・競合性・入札単価が表示されていますので参考にしましょう。

いかがでしたでしょうか?キーワードプランナーの基本的な使い方を紹介してきました。まだまだオプションはありますが、まずは基本的な機能を覚えて日々の運用に役立ててみてください。

ウェブ担当者におススメの書籍

ウェブ担当者、広告運用担当者におススメの書籍を紹介します。私も企業のウェブマスター・運用型広告担当者として実際に読み、実務に応用できた本ですので参考になると思います。

スポンサードリンク