Googleがローカル検索結果のランキング決定要素を文書化

GoogleSearch Engine Landによると、Googleはローカル検索の結果に影響するランキングしシグナルについて、その決定要素をアップデート、文書化したとのこと。これまで、Googleのローカル検索に関するページについては、5つのパラグラフに分かれていて、その中で「関連性」「距離」「知名度」という要素について語っていましたが、今回のアップデートで大幅に文書量が増えています。

スポンサードリンク

Googleがローカル検索結果のランキング決定要素を文書化

Googleのローカル検索に関しての記事の中では、事業者はできる限りの情報をGoogle My Businessに持つことが望まれると伝えています。それには、正しい営業時間、やレビューへの返信、管理、写真の投稿などがあげられます。これによってGoogleユーザーが自身のビジネスを探しやすくすることができるとのことです。

一方で、ランキングについては、Googleは依然として「関連性」「距離」「知名度」といった要素を列挙しています。

関連性

「関連性」という意では、出来る限り充実した情報を掲載することでGoogleがご自身のビジネスの概要を理解しやすくなり、それによって検索内容との関連性を高めることができるとのこと。

距離

「距離」は、検索でキーワード指定された場所と、検索結果対象の所在地までの距離とのこと。

知名度

「知名度」はどれだけ良く知られているか、ということ。著名な美術館や、ホテル、ブランドの店舗などはローカル検索で上位に表示されやすくなるとのことです。

スポンサードリンク