オンライン広告のリッチアドとは?

Mac企業のオンライン広告担当は、毎日のように数字を確認し、次の一手は何かを考え、実行する、細かい運用が鍵となる非常に緻密な仕事。専門性も高く、複数のインターネット広告代理店と話して、オンライン戦略を実行していくには、それなりの専門知識が必要です。

今回はそんな専門知識をつけるにあたっての基本用語の解説を。オンライン広告の用語の一つである「リッチアド」を紹介します。

スポンサードリンク

オンライン広告のリッチアドの意味

オンライン広告のリッチアドとは、ビデオや音声を使用した広告や、ユーザーがバナーのなかを操作することができるインタラクティブな動きのある広告のこと。

以前までは配信できる容量の関係で静止画バナー広告が大半を占めていましたが、昨今の通信環境の良化により、このようなリッチアドを配信する企業が増えてきました。

配信単価は高くなる傾向にありますが、これまでと異なる配信方法として注目されています。

スポンサードリンク