Google Analyticsのセッションとは?

Google Analytics
デジタルマーケティングに携わる者にとって「解析」は避けては通れないもの。Google Analytics、Adobe Analyticsなどをはじめ、さまざまなアクセス解析ツールが世の中には提供され、多くの事業者が利用しています。

今回はそんなアクセス解析ツールのなかでもGoogle Analyticsについて。

Google Analyticsの基礎的な情報である「セッション」について概要を説明していきます。

photo by Alan O’Rourke

スポンサードリンク

Google Analyticsのセッションとは?

Google Analyticsのセッションとは、ユーザーの訪問数。ユーザーが1回訪問した時に「セッション数1」としてカウントされます。このセッションは、以下のように「セッション終了」が定義づけられれています。

・操作が何も行われれない状態で30分経過
・午前0時
・キャンペーン(流入元)の切り替わり

新セッションのスタートは?

セッションの考え方は、ユーザーの訪問をベースにします。ですので、ユーザーがサイトに訪問して複数ページ閲覧してもセッション数は増えず1のままです。一方で、サイトに訪問後、30分何もせず開いたままにしておいて、31分後以降ウェブサイトの閲覧を再開したらセッションは1回追加される形になります。

また、午前0時をまたぐとセッションが新しくなります。23時50分からウェブサイトを閲覧して、24時10分に離脱した場合、23時50分~23時59分59秒までを1セッションとし、24時00分~24時10分までを1セッションとします。

キャンペーンの切り替わりも新しいセッションのトリガーになります。現在のセッションが継続中の場合でも、検索キーワードや広告のリンクなど、キャンペーンソースが異なる場合、新しいセッションが開始されます。

スポンサードリンク