Yahoo!(YDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)とは?

オンライン企業のデジタルマーケティング担当は、やらなければならないことが多数。サイト分析や広告配信、ウェブガバナンスやSNSの運用など、多岐に渡ることが常。そのため、なかなか深くまで一定の分野に突っ込めないという状況が多くの企業で存在すると伺っています。

さて、このようなデジタルマーケティング担当者の職務のなかで、広告運用は、企業の業績にインパクトを与える大きな要素。だからこそ、昨今市場が伸びているアドネットワーク系のメニューについては熟知しておく必要があります。

ここでは、その一つであるYahoo!(YDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーターマッチ(ICM)について紹介します。

スポンサードリンク

Yahoo!(YDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーターマッチ(ICM)とは?

Yahoo!(YDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーターマッチ(ICM)とは、特定の興味・関心を持ったユーザーに対して広告を配信するメニューです。ユーザーの興味・関心の分類は、ユーザーのブラウザ上の行動履歴から行われており、Yahoo!独自のアルゴリズムによって興味の分類がされています。

Yahoo!(YDN)ディスプレイ広告のインタレストカテゴリーマッチ(ICM)を使えば、例えば、ご自身が高級車などを商材としていて持っていたときに、「自動車の高級車」に興味があるユーザー分類を指定して、ディスプレイ広告を配信することができます。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク