Youtube TruView広告配信対象者に対する動画リマーケティングとは?

Mac
Youtube広告は認知目的として配信されますが、インストリーム広告としてYoutubeの視聴の途中に入ってくるものなので、Youtubeの視聴をやめて自社ウェブサイトにユーザーが訪問してくることは期待できません。「せっかく認知を取ったのに・・・。」それらのユーザーを、動画視聴だけで終わらせてしまうのはもったいないですよね。せっかくだから、自社の商品やソリューションを理解してもらいたいものです。

そこで利用できるのが、Youtubeユーザーを対象にした「動画リマーケティング」です。ここでは動画リマーケティングの内容について説明していきます。

photo by Romeo Man

スポンサードリンク

Youtubeの動画リマーケティングとは?

Youtubeの過去の視聴実績をもとにリストを作成して広告配信できる仕組みが「Youtube動画リマーケティング」。YoutubeアカウントとAdwordsアカウントをリンクさせることで、Youtubeの動画視聴ユーザーを対象としたリマーケティングリストを作ることが可能です。

作成できるリマーケティングリスト

以下の操作をしたユーザーを対象とするリマーケティングリストが作成できます。

・自社の動画を TrueView 動画広告として視聴したユーザー
・自社の動画を再生したユーザー
・自社の動画に対して評価、コメント、共有を行ったユーザー
・自社のYouTube チャンネルを訪問、または登録したユーザー

TruView視聴者を認知から検討段階へ

この仕組みを利用して、TruView広告視聴者に対してリマーケティングを行えば、認知として終わらせることなく、商品のリマインド、商品理解まで進めることができます。カスタマージャーニー上で「認知」から「購入検討」に至らせるまでのコミュニケーション設計の中で有用な手法だと思いますので、ぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク