Dropboxで使用容量を確認する方法

Dropboxの容量
世の中の多くの人が利用するオンラインストレージDropbox。ユーザーインターフェースがシンプルで使いやすいことはもちろん、フォルダを共有する際もみんなが使い方を理解していて使用方法などの説明が不要。One Driveなど他のオンラインストレージを利用するよりもコミュニケーションがスムーズに進みます。そんなDropboxは使用容量の制限が勿論あります。どの程度の容量を使用しているかは日常から把握しておけば、いざ使いたい時に使用できない状況に遭遇することがありません。ぜひ日常的に確認されることをお勧めします。ここでは、Dropboxで使用容量を確認する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Dropboxで使用容量を確認する方法

Dropboxの使用容量を確認する方法は複数あります。それぞれの方法を以下に紹介していきます。

ブラウザでDropboxの容量を確認する

ご利用の端末関係なく容量の確認をできるのがブラウザです。ブラウザでDropboxの使用容量を確認するにはまずDropboxのウェブサイト上でログインします。以下のリンクよりDropboxのサイトに進みログインします。

Dropboxのログイン画面へ

Dropboxログイン

ログイン後は右上のご自身のアカウント名をクリックしてください。クリック後、赤枠のように使用容量が表示されます。
Dropboxの容量

WindowsのデスクトップでDropboxの容量を確認する

Windows用のDropboxアプリをインストールしている方はWindowsのデスクトップからも使用容量を確認することが可能です。まずはじめに、タスクバーの右側にあるアイコンの中からDropboxのアイコンを探し左クリックします。左クリックすると、以下のようにポップアップが表示されます。
WindowsのDropboxアイコンをクリック

ポップアップが表示された後、そのポップアップの右上角の歯車マークをクリックすると現在の使用容量を確認することができます。

WindowsでDropboxの使用容量を確認

MacのデスクトップでDropboxの容量を確認する

Mac用のDropboxアプリをインストールしている方はMacのデスクトップから使用状況を確認できます。まずはじめに、上部バーの右側にあるアイコンの中からDropboxのアイコンを探し左クリック。左クリックすると、ポップアップが表示されますので、下の図の赤枠の歯車マークをクリックすれば使用容量が表示されます。

Macでdropboxの容量を確認

容量をみながらDropboxを使えばいざとなったときの容量不足などを防げます。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク