Dropboxでパソコンと一部のフォルダだけ同期する方法

DropboxDropboxは多くの人が利用するオンラインストレージ。シンプルで使いやすいことはもちろん、利用者が多いためフォルダを共有する際などとても便利。One Driveなど他のオンラインストレージを利用するより説明が楽でコミュニケーションがスムーズに進みます。

さて、今回はそんなDropboxの使い方について。Dropboxをパソコンと同期する際は、Dropboxで同期するファイル容量と同量のファイルの空き容量がPCに必要になりますが、それってとても非効率。せっかくDropboxにファイルを預けているのにローカルが圧迫されるのは不本意でしかありません。

そんな状況は同期するフォルダを選択することで回避可能。ローカルと同期するフォルダを決めておけば、その容量だけ取っておけばいいので変にPCが重くなることなどが起きません。ここからは、Dropboxでパソコンと一部のフォルダだけ同期させる方法を紹介します。

photo by Uncalno Tekno

スポンサードリンク

Dropboxでパソコンと一部のフォルダだけ同期する方法

Dropboxでパソコンと一部のフォルダだけ同期する方法はかんたんです。以下の手順で設定することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

Dropboxの設定メニューを開く

まずはじめにDropboxの設定メニューを開きます。タスクバー上のDropboxアイコンをク右クリックし「設定」を選択してください。

高度をクリック

ウィンドウ上部にある「高度」をクリックします。

同期するフォルダの選択画面に進む

ウィンドウ中部にある「同期フォルダの選択」をクリックします。

同期するフォルダを選択

同期するフォルダを選択します。はじめはすべてのフォルダにチェックが入っていますが、同期する必要がないフォルダからチェックを外していきます。

設定を更新する

同期するフォルダの選択が終わったら設定を更新するために「更新」を押します。

確認する

更新することへの最終確認のダイアログが立ち上がりますので確認後「OK」を押します。

以上になります。この一連の手続きで、Dropboxで同期するフォルダを一部にすることができ、パソコンのハードディスクに必要な容量を少なくすることができます。ご自身のPCのハードディスク容量が少なくなった時や、同期が必要ないフォルダがいくつかある場合は、こちらの方法を利用することで全体的な効率化を図ることができるようになります。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク