動画で英語学習ができるおすすめサイト「デジタルキャスト」

学習中英語の勉強法には様々な方法がありますが、英語学習サイトを使うのも一つの手。

今回紹介したいのは、動画を使った英語学習ができる、「デジタルキャスト」という英語学習サイト。英会話教室でもオンライン英会話でもない、お金をかけずに学べるおススメのサイトです。

Digital Cast 公式サイトへ

スポンサードリンク

デジタルキャストとは?

デジタルキャスト
今回紹介する英語学習サイト、Digital Castは、動画を通して英語力を上げるしくみを沢山持っています。なんといっても最大の特徴は、「字幕のバリエーションの豊富さ」にあります。一般的な英語のみ・日本語のみの字幕に加えて、日英両言語の字幕表示や品詞ごとに色分けされてある字幕表示でTEDやニュースなどの動画を観ることができます。最新のキーワードや専門用語を動画を通して楽しく学習できるのも嬉しいポイントです。

デジタルキャストを使った英語学習法

ここからは、デジタルキャストのオススメの使い方を紹介したいと思います。

学習法から動画を探す

画面右側のメニュー一覧の中から、「英語学習法」を選択すると、デジタルキャストで実践できる、英語の学習法が紹介されており、それぞれの学習法を実践するのに適したおススメ動画へ飛ぶこともできます。

デジタルキャストのホーム画面

英語学習法トップで学習法を選択

英語学習法トップでは、「リーディングの詳細はこちら」、「シャドーイングの詳細はこちら」などのリンクがあり、リンクをクリックすると、各学習法の詳細ページに飛ぶことができます。

英語学習法TOP

たとえば、「シャドーイング」という学習法のページであれば以下のような感じです。シャドーイング学習の効果やその学習方法について解説されていて、この画面中の赤枠部分にあるように、「シャドーイング学習に最適な英語字幕付き動画」が紹介されています。

シャドーイング

ここに表示された動画を利用しながら、それぞれの英語学習を進めていってください。

おすすめの英語学習法 サイトトランスレーション

デジタルキャストの最大の特徴は「字幕のバリエーションの豊富さ」。その一例ともいえるのがこの「サイトトランスレーション」です。

サイトトランスレーション

サイトトランスレーションは学習用日本語訳付き

サイトトランスレーションの動画では、画像にあるように英語字幕の下に、日本語訳が書いてあるのですが、よく見ると日本語訳が、一見違和感のあるものになっています。

サイトトランスレーション和訳

これは、日本語と英語の語順のルールの違いを感覚的に理解できるようにするためのもので、この感覚を養うとスピーキングも上達します。動画の英語を聞きながら、この通りに日本語理解を進めていきましょう。英語のルールを体得できると思います。

おすすめの英語学習法 洋楽の動画

続いてのおススメの使い方は、「洋楽」の動画を見ながら学習する方法です。英語学習に適した洋楽や、人気の洋楽が集められていて、もちろんそれぞれに字幕がつけられています。

洋画の動画

歌詞が表示

洋楽の動画再生画面のすぐ下には、このような字幕を確認できるところがあります。

洋楽の動画

また、このエリアでは「英/カナ」「英語」「カタカナ」の3つのタブがあり、それぞれ切り替えをすることができます。以下は、同じ歌詞の部分の翻訳をタブごとに比較するために、並べてみたものです。

切り替え

このように、字幕言語や形式を切り替えることで、品詞や発音、綴りや訳など、英語学習に必要なあらゆる要素を確認することができます。

訳の形式切り替えは他の動画でも可能

ちなみに、このような、タブによる訳の形式(英/カナ・英語・カタカナ)の切り替えは、他の動画でもできるようになっています。歌詞の場合、英語の読み方をカタカナで確認できるようになっている分日本語への翻訳はありません。TEDなどのその他の動画の場合は、「英/日」「英語」「日本語」の3種類で切り替えができるようになっています。

TED

他にもたくさんの使い方ができる、「デジタルキャスト」。動画を使った英語学習をしてみたい方にはおススメの教材です。英語を効果的に学習したい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

英語はどれだけアウトプットするか

筆記用具デジタルキャストで学んだあとはアウトプットを。英語学習はやっぱりどれだけアウトプットするかだと思います。特に会話。会話を通じて学んだ表現を使ったり、聞き取ったりすると、身に浸透するのがはやいです。私のおすすめはレアジョブ。格安料金のオンライン英会話でフィリピン人講師相手に学んだことをアウトプットできます。費用対効果は抜群。レアジョブは登録すれば2回体験レッスンを受けることができますので、まずはどんな感じのレッスンか、体験してみるだけ体験してみてはいかがでしょうか?私もかれこれ4年以上続けています。

オンラインレッスンのレアジョブ英会話



スポンサードリンク