Evernoteとは? 便利なノートアプリケーション

Evernote
Evernote(エバーノート)は、シリコンバレーのEvernote Corporationが開発・提供している、全世界で1億人以上が利用しているアプリケーションソフト。Evernoteをシンプルに説明するならば「自分専用のオンラインメモ帳」で、その使い勝手の良さからアジアの方にも大人気です。実際、Evernoteは全世界でアジア圏の人が一番多く利用しています。日本では2010年に日本語版がリリース。それ以降Evernoteを利用している方は年々増え続けています。今回は企業としてのEvernoteも含めEVERNOTEの概要について説明します。

スポンサードリンク

Evernote Corporationとは

Evernote Corporationは、「自社を今後100年続く会社にしたい」という気概を持った企業。CEOのフィル・リービンは親日家で、その100年続く企業にしたいというフィロソフィーは日本の老舗から影響を受けたのかもしれません。

Evernoteとは?

Evernoteは「自分専用のメモ帳」。「メモ帳なら手書きだったり、メモ帳アプリを使えばいい」と思われる方が多いと思いますが、それだけの機能で終わらないのがEvernote。一億人以上が便利と感じるだけの価値があり、ただのメモ機能だけではありません。以下のような代表的な機能・使い方があります。

書く

リスト・日記・アイデア帳・メモ帳・原稿など様々なことを書くことができます

集める

必要な情報を簡単に保存できます。Web上の記事をクリップしたり、写真や音声をデータとして保存しておくことも可能です。

議論する

Evernoteは複数人で利用することも可能。グループでチャットをしたり、全員でデータを見ながら共同作業することができます。

発表する

作業の進捗状態などをEvernoteを使って確認することができるので、ミーティングなどで便利に使うことができます。

上記の中で、使ってみたいと思った機能がひとつでもあれば、すぐにアプリをダウンロードすることをおすすめします。最初は一つしか使わなかった機能も、時間と共に全部使うようになっていくのがEvernote。本当に便利なので、一度使うと離せなくなってしまいます。

スポンサードリンク