EvernoteからOneNoteへの移行ツール「OneNote Importer」の使い方

デスクワーク
Evernoteの料金改定が発表されて以来、EvernoteからOneNoteに乗り換えを検討する人が増えてきています。

これまでは、ノートアプリと言えばEvernoteと言われるくらいEvernoteは使いやすく、かゆいところに手が届くことで人気を博してきましたが、直近だとOneNoteも大きな進化を遂げて実用的。

ここでは、EvernoteからOneNoteに乗り換えようとしている方に向けて、EvernoteからOneNoteへの移行ツールである「OneNote Importer」の使い方をご紹介いたします。

OneNote ImporterはWindows7以降のWindowsに対応です

スポンサードリンク

EvernoteからOneNoteへの移行ツール「OneNote Importer」の使い方

OneNote Importerを使ってEvernoteからOneNoteへの移行するのは簡単です。以下の手順で移行することができます。

OneNote Importerのページに進む

まずはじめにOneNote Importerをダウンロードするためにマイクロソフトの公式ページに進みます。

マイクロソフト公式 OneNote Importerページへ

OneNote Importerをダウンロードする

以下赤枠の「インポートツールのダウンロード」よりOneNote Importerをダウンロードします。

Onenote importerをダウンロード

OneNote Importerを実行する

ダウンロードしたOneNote Importerを実行します。

Onenote Importerの実行

OneNote Importerをはじめる

新しいウィンドウが開いたら「I accept the terms and this agreement」にチェックし「Get started!」をクリックします。

OneNote Importerをはじめる

移行するノートブックを選択します

Evernoteに存在するノートブックの一覧が表示されますので、移行したいノートのみにチェックを入れて「Next」をクリックします。

ノートブックを指定する

Microsoftアカウントでサインイン

サインインを求められる画面が出てきますので「Sign in with a Microsoft account」をクリックします。

サインインする

Microsoftアカウントを入力

マイクロソフトアカウントのIDとPasswordを入力して次に進みます。

サインインする

移行の説明を確認

移行についての細かい確認が表示されます。EvernoteとOneNoteの大きな違いはタグの有無。Evernoteのタグをセクションとして引き継ぐ場合「Use Evernote tags to organize content in OneNote」にチェックを入れます。そのうえで「Import」をクリックします。

移行の説明を読んでスタート

移行される

以下の画面が表示され、移行が開始されます。

移行中の画面

移行完了

以下の画面が表示されたら移行が完了です。

完了画面

Evernoteのタグ機能やデザインが好き、そんな方はこれからもEvernoteを活用される、というのも選択肢。Evernoteプレミアムの料金が上がってちょっとこれ以上は、、、と思われている方は、OneNote ImporterでOneNoteを試してみる、移行してみるのも手だと思います。最近は月額課金のサービスが多いですから、いつの間にかチリツモで大きな金額になっているかもしれません。ちょうどいい見直し時期、一度利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク