エクセルで特定のセルに「円」の単位を加える方法

表示されるマイクロソフトのExcelは、Word、PowerPointと並ぶ、オフィスソフトの定番として、広く世の中に利用されている、ビジネス上必須のソフト。用途は幅広く、データ集計、データ分析、請求書、プロジェクト管理など様々で、毎日何がしかのExcelファイルに触れている方、おおいのではないでしょうか?

さて、ここでは、そんなエクセルで、特定のセルに「円」の単位を加える方法を紹介します。マーケティングや企画管理など、金額計算を行う部署の方が業務中に使うことが多いこの機能。ぜひ操作方法を覚えてしまってください。

スポンサードリンク

エクセルで特定のセルに「円」の単位を加える方法

エクセルで特定のセルに「円」の単位を加える方法は簡単。以下の手順で設定することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

セルに「円」の単位を加えたい範囲を選択

まずはじめにセルに「円」の単位を加えたい範囲を選択します。ここでは例として、想定予算に「円」を加える想定で、予算の列を選択しています。

領域を選択

セルの書式設定を開く

「ホーム」タブの「表示形式」のドロップダウンをクリックして「その他の表示形式」を選択します。

表示形式を選択

ユーザー設定を選ぶ

表示されたウィンドウで「ユーザー定義」を選択します。

ユーザー定義

円が表示されるように設定する

「種類」のエリアで、以下のように「G/標準”円”」と入力し、OKボタンを押します。

定義を入力

円つきで表示される

円付きで表示されました。

表示される

以上になります。書式で「通貨」に設定しても円は出てこなかったりしますから、こちらをご利用いただければと思います。

作業効率アップのお手伝いになれたなら幸いです。ぜひお使いください。

スポンサードリンク