Excel でオートコンプリートを利用して過去に入力したデータを素早く入力する方法

オートコンプリートExcelは表計算ソフトという性質上、複数のセルに同じ文言を入れることが多々あります。それらは一回一回手入力していってもいいですが、出来る限りそのような作業は簡便化したいもの。ここではExcel 2016でオートコンプリートを利用して過去に入力したデータを入力する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Excelでオートコンプリートを利用する方法

Excelでオートコンプリートを使って過去のデータを入力するのはとても簡単です。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

入力したいセルをアクティブにする

まずはじめに入力したいセルをアクティブにします。

セルをアクティブにする

同じ行で追加したい文言の一文字目を打つ

追加したい文言の一文字目をタイプします。タイプすると以下のようにサジェストされます。

サジェストされる

決定する

目当ての文言であればEnterを二回押して確定させます。

確定させる

以上になります。オートコンプリート機能は使うと非常に便利。ぜひ日常業務でご利用ください。

スポンサードリンク