エクセルで特定のある値以上のセルだけ色付けする方法

条件付き書式適用後Microsoftのエクセルは、ビジネスの世界の共通言語と言っても過言でないほど浸透した表計算ソフト。使い方はさまざまで、データ分析、請求書発行、文書作成など範囲も多岐に渡ります。

今回は、そんなExcelで、特定の条件に合致するセルにだけ色付けする方法を紹介します。特定の条件のセルが色付けされていると視覚的に分かりやすく、データの解読の効率性が上がりますよ。

スポンサードリンク

エクセルで特定のある値以上のセルだけ色付けする方法

エクセルで特定のある値以上のセルだけ色付けするには条件付き書式という機能を利用します。条件を満たすデータ、セルに色付けするという設定を行えば、特定の条件でセルの色が変わり、重要なデータを探しやすくなります。以下の手順で設定できますので、見ながら一度試してみてください。

対象とする範囲を選択

まずはじめに、条件を当てはめる範囲を選択します。

条件にはまる範囲を選択

ホームタブの条件付き書式を押す

ホームタブの条件付き書式を押します。

条件付き書式を選択

強調表示ルールを選択

セルの強調表示ルールを選択し、赤枠の「指定の値より大きい」を選択します。

指定値より大きいを選択

条件を設定

条件を設定し「OK」を押します。

条件設定しOKを押す

表示変更

表示が変更されます。

条件付き書式適用後
スポンサードリンク