エクセルで入力履歴を使って簡単にデータを入力する方法

履歴を表示させる

スポンサードリンク
Excelは世界中で利用されているマイクロソフト社製のスプレッドシート。業務時間中のほとんどをエクセルに費やしている人も多いくらい浸透しています。そんなExcelを利用するコツは、出来る限りショートカットなどを利用して手間を省くこと。ここではその「手間をはぶく」一つのTIPSとして入力履歴を使って簡単にデータを入力する方法をご紹介します。

エクセルで入力履歴を使って簡単にデータを入力する

エクセルで入力履歴を使って簡単にデータを入力するには、以下の方法を使います。一度覚えれば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

入力したいセルをアクティブにする

まずはじめに入力したいセルをアクティブにします。

セルをアクティブにする

入力履歴を表示し選択する

入力したいセルをアクティブにした状態で「Alt」を押しながら矢印キーの「↓」を押します。すると履歴が表示されるので、入力したいものを選択します。

履歴を表示させる

セルに入力される

セルに入力されます。

セルに入力される

以上になります。こちらを利用すれば入力がこれまでよりも簡単にスムーズ。効率的に作業を行うことができますので、ぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク