エクセルでセル内改行する方法

改行された状態でインプット
Microsoftが提供する表計算ソフトであるエクセルは色々なことができて便利。例えばデータ分析、表計算、請求書の発行、はたまたプロジェクトマネジメントまで。毎日様々な人が様々な用途で利用しています。

さて、今回はそんなエクセルの使い方について。

エクセルのセルに文字を入力しているときに「ここで改行したい!」と思った経験ありませんか?初期設定のまま何もしなければ、エクセルは自分の意図したところで改行はされません。

今回は、エクセルでのセル内の改行方法について紹介します。

スポンサードリンク

エクセルでセル内で改行する方法

エクセルでセル内で改行する方法は簡単。以下の手順で改行することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。今回は「USEFuL NOTES」を分割する形で改行を入れていきたいと思います。

文字をタイプする

まずはじめにタイプを開始します。改行を行いたいところまでタイプしてください。ここでは「USEFuL」まで入れていきます。

セルにインプットする

ALTとEnterを押す

「ALT」ボタンと「Enter」ボタンを押します。改行の際は、これらの二つのボタンを一緒に押します。それぞれ順に押すわけではありませんのでお気を付けください。

文字のインプット

文字をインプットします。今回は「NOTES」とインプットしますが、改行された状態でインプットされます。

改行された状態でインプット

以上になります。特にエクセルに文字を入力して書類を作ったりプロジェクトマネジメントを行う方におススメのセル内改行。ときと場合に応じて利用してみてください。

スポンサードリンク