Facebookで勝手にタグ付けされないようにする方法(事前確認)

iphone多くの方が利用しているソーシャルメディアの代表Facebook。Facebookを使って友人とコミュニケーションを取るのはもちろんのこと、Facebook Messengerを使って一対一でやりとりをしたり、いまや日常生活から切っても切れない存在になりましたよね。

さて、今回はそんなFacebookの使い方について。

Facebookにはタグ付けという写真にタグづけできる機能が備わっています。自分がタグづけされた投稿を誰かにされると、自分のタイムラインにも表示される機能で、これは、嬉しい時もある一方、「こんな写真タグ付けして・・・」とちょっと嫌な時も。できれば自分自身でコントロールしたいですよね。

そんな人のために、今回は、タグづけされた投稿を事前に自分のタイムラインに投稿するか確認できるようにする設定方法を紹介します。

※画面は全てiPhone/iOS版のものです。

スポンサードリンク

Facebookで勝手にタグ付けされないようにする方法

ここからは、Facebookで勝手にタグ付けされないようにする方法を紹介します。

右下のアイコンを押す

まずはじめに、Facebookアプリの右下のアイコンを押します。

右下のアイコンを押す

設定に進む

「設定」を押します。

設定をタップ

その後に表示される選択肢では「アカウント設定」をタップします。

アカウント設定

タイムラインとタグ付け設定に進む

以下赤枠の「タイムラインとタグ付け」を押して、設定に進みます。

タイムラインとタグ付け

友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?をタップ

「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」をタップします。

友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?

設定をオンにする

「タイムライン掲載の確認」の横にあるスイッチを使ってオンにします。

タイムライン掲載の確認

以上になります。

Facebookはソーシャルメディアで色々なコミュニケーションが取れますが、実名であり、ビジネス上関わる人も多々。だからこそ、自分のタイムラインの情報制御はしっかりしていきたいですよね。タグ付けのコントロールは情報制御の一つの重要重要項目。必要に応じて使ってみてください。

この記事が参考になれば幸いです。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク