GIMPで画像サイズを拡大・縮小する方法

クリエーターをはじめ、画像処理初心者の方からも支持を多く受けるGIMP。高い操作性、バラエティに富んだ機能が人気の理由です。そんなGIMPですが、使用中に画像の大きさを変更したいこともしばしば。レイアウト変更の一部として、最後の仕上げとして、利用される機会があると思います。GIMPで画像を縮小・拡大するのはやり方を覚えてしまえば簡単です。数回実践すれば体で覚えることができ、それからは自然に作業に入れると思います。ここでは、GIMPで画像サイズを拡大・縮小する方法を紹介します。

スポンサードリンク

GIMPで画像サイズを拡大・縮小する方法

GIMPで画像のサイズを拡大・縮小するにはツールボックスを利用します。

拡大・縮小したいレイヤーを選択

まずはじめにサイズを変更したいレイヤーを選択します。この際、複数のレイヤーを重ねて画像を作っている場合は、レイヤーを連結させておきます。
サイズ変更するレイヤーを選択

拡大・縮小ボタンをクリック

ツールボックス内の拡大・縮小ボタンをクリックします。
縮小・拡大ボタンをクリック

拡大・縮小する画像をクリックし、大きさを確定

ツールボックスの拡大・縮小ボタンをクリック後サイズを変更したい画像をクリックします。くりっくすると、網目に画像がおおわれます。この状態で、画像の角をドラッグして大きさを調整し、ドロップしてサイズを仮確定させます。
サイズ変更する画像をクリック

仮確定後、問題なければ、以下の赤枠の「拡大縮小」ボタンを押すことでサイズが変更されます。

大きさを仮確定させる

変更後は以下のように表示されすので、後続作業を通常通り進めてください。

サイズ変更後
スポンサードリンク