Save to Google | ChromeのGoogle社純正オンラインブックマーク拡張機能

googleGoogleが提供しているGoogleChromeは多くの人に利用されているウェブブラウザ。表示も早く、拡張機能も充実しているので自分の好みにカスタム出来るのが魅力。私はもう「Google Chromeが無い世界は現時点では考えられない」と思うほど依存しています。

さて、今回はそんなGoogle Chromeの拡張機能である「Save to Google」をご紹介します。

スポンサードリンク

Save to Google

Save to Google
Save to Googleは、気になるコンテンツのURLをオンライン上に保存できる拡張機能。Save to Googleを利用すれば、拡張機能のアイコンからワンクリックでGoogleにそのURLを保存、タグ付けなどが可能。また、マルチデバイスで利用可能で、PCでもスマホでも、同じGoogleアカウントでログインしていれば端末問わず利用できます。ここでは、その機能を紹介します。

Save to Googleのインストールはこちらから

Save to Googleの機能

Save to Googleは一言でいうなればGoogleのオンラインブックマークです。

URLを保存

気になるコンテンツがあって「これは後でもう一回見よう」と思ったら、拡張機能の星印のボタンをクリックします。

URLを保存

星印を押すと「Googleに保存しました」という表示が出ます。

保存された

タグ付け

URLを保存した際にタグをつけることができます。タグをつけておけば今後保存したURLが増えた時に検索が簡単になります。

URL保存時にタグを追加

URL保存時に表示される通知の「タグを追加」をクリックします。

タグの追加

タグの名前を入力する

タグの名前をいれます。

名前を入れる

タグが反映される

タグが付けられます。

タグが反映される

保存したものを表示

保存したURLは一画面で表示できます。

アイコンを右クリックで表示して選択

Save to Googleのアイコンを右クリックすると「保存したページを表示」という選択肢が出てきますので、それをクリックします。

保存したURLを表示

保存したURLリストが表示

保存したURLリストが表示されます。

URLリスト

以上になります。シンプルな機能ですがシンプルだからこそ利用するのが楽。Chromeの拡張機能として、これから使っていけそうですね。

スポンサードリンク