HP Spectre x360 13-ac000|洗練された13.3型モデルを徹底解説

Spectre世界的なパソコンメーカーであるHP。

「会社のPCはHP製」という方も多いと思います。HPは企業向けPCのシェアが高く、そのシェアは相当なもの。そして、そんなHPは最近個人向けのPCについても幅広く展開しています。家庭で使える大画面ノートPCから、カフェや出先で使いたい方に向けてのモバイルノートパソコンまで。幅広いラインナップを展開しています。

さて、今回はそんなHPの商品群のなかから、ラグジュアリー・モバイルとして位置付けられているHP Spectre x360を紹介いたします。

HP Spectre x360 実機レビューはこちら

HP公式 HP Spectre x360の詳細はこちら
icon

Photo by:Amanz Network

スポンサードリンク

HP Spectre x360|洗練された13.3型モデル

HP(ヒューレットパッカード)のノートPCのなかで、HP Spectre x360はライフスタイルにおいてのPCのあり方を再検討。機能美とパフォーマンスを両立する、持つ喜びをユーザーに与えるモデルとして位置付けられています。

ここからは、HP Spectre x360の特徴を紹介します。

美しいデザイン

HP Spectre x360の特徴は、何よりもその洗練されたデザインです。HPは、業務用のイメージが強かったためなかなかデザインにユーザーが目を向けませんでしたが、今、HPはデザインもだいぶ頑張っています。

Spectreシリーズは「機能美」という言葉を重要視している通り、使いやすさを追求しながら、デザイン性も両立させています。例えば、ボディの設計においては、アルミニウムの塊から削り出す、時間のかかるCNC精密加工を採用して、見た目と感触だけでなく、たわみに強い堅牢なユニボディと、美しさと強さの両立を測っています。

CPUやメモリーなどのいわゆる「スペック」は、どのモデルであっても構成を変えたり、増設したりで解決できますが、デザインは解決できません。Spectre x360のデザインがはまった方は、唯一無二の存在ですので、検討いただくのが良いと思います。

薄型軽量でタフなボディ

HP Spectre x360はモバイル用途で検討される方が多いと思います。そんな方々にとって気になるのが薄さと重さ、そして堅牢性です。

HP Spectre X360は、厚さ13.9mm、質量1.31kg。天面加圧試験では、300kgfをクリアするタフさを持っています。

モバイルノートを持ち歩きながら生活する人にとって、実は天面への加圧はヒヤヒヤするものの一つ。満員電車でパソコンが潰されそうになることなんて、多々ありますよね。その点もHP Spectre x360は試験でタフさを証明しています。

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載

HP Spectre x360は、第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載しています。

Core i5-7200U、Core i7-7500Uからご自身の好みに合わせてCPUをお選びいただけます。ちなみに、第7世代のCPUは、第6世代のCPUに比べてグラフィックス性能は130%アップ、CPUは110%アップしています。

ファストチャージ対応で30分の充電で7.5時間分を充電

モバイルで利用する方にとって、充電やスタミナに関する性能は非常に重要なところ。Spectre x360は、30分で50%充電できるファストチャージに対応しています。

13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ

x360は、13.3インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイを採用。パフォーマンスモデルは13.3インチ・4K・IPSタッチディスプレイ (3840×2160)を搭載しています。

IPS液晶は視野角が広く、左右から見ても、色調、コントラストに変化がなく、自然な映像が楽しめます。

豊富な接続端子

HP Spectre 13は、薄型のモバイルノートパソコンとしては、接続端子が多いのが特徴です。フルサイズのUSBが1つ、USB Type-C端子が2つ付いています。薄さを追求したモバイルノートでは、Macを始めフルサイズのUSBを搭載しないモデルが増えていますが、実際今使うには、フルサイズが無いと不便です。Spectreならフルサイズがついているので、とっさの拡張にも安心して対応できます。

なお、このモデル選択時のご注意ですが、VGAやHDMIなどを使って外部に出力したい場合は、別途アダプターが必要になります。

HP Spectre x360のおすすめ構成

HP Spectre x360はHP(ヒューレットパッカード)の公式直販サイトで販売されています。

HP Spectre x360についてはCore i5の構成か、Core i7の構成かをお選びいただけます。

正直、Adobeのソフトを使った映像編集や画像編集などを行う用途でない限り、Core i5の構成で十分ハイスペックだと思いますので、こちらをオススメします。HPの公式直販サイトで展開中のギフトセットキャンペーンモデルになります。

選択項目
ベースユニット HP Spectre x360 13-ac000
OS Windows 10 Home (64bit)
カラー アッシュブラック
クラッチバッグ なし
リカバリメディア なし
オフィスソフト なし
プロセッサー インテル Core i5-7200U プロセッサー  (2.50-3.10/3)
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
アクティブペン アクティブペン なし
Z5000 Bluetoothマウス なし
メモリ 8GB オンボード
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
無線LAN/Bluetooth IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
キーボード バックライトキーボード (日本語配列)
スピーカー Bang & Olufsen クアッドスピーカー
Webカメラ HP TrueVision フルHD Webcam/ IRカメラ
ACアダプター (標準) USB Type-C スマートACアダプター
HPパソコンナビ 速効!HPパソコンナビ特別版
マウス なし
ワイヤレススピーカー なし
ポータブルブルーレイドライブ なし
USB Type-C ハブ なし
USB Type-C 変換ケーブル (HDMI) なし
USB Type-C 変換ケーブル (VGA) なし
ワイヤレスディスプレイアダプター なし
セキュリティソフト マカフィー リブセーフ (1年版)
オフィス互換ソフト なし
使い方サポート 使い方サポート 1年用
PC標準保証 1年間引き取り修理サービス
電子版登録案内レター なし
[人気のおすすめアイテム] パソコンなんでも電話相談 なし
価格 141,480円(2017年3月12日現在)
この構成からの検討事項

今回のモデルは標準のスペックでも十分な性能ですし、特別なカスタマイズができないため、オプションを選択していくことになります。以下が私の追加で購入を検討するならこれ、といった項目です。

・マウス
現在のパッケージにはマウスが付いていません。もともと使用していたものがあれば、それをそのままお使いになればと思いますが、なければこのタイミングで購入するのもあり。一方でマウスは他のメーカー、例えばLogicoolなどでも良いものが出ていますので、その辺りを別途購入されてもいいと思います。もちろん、これまでのノートPCで利用されていたものを使ってもOKです。

・USB Type-C用のアダプター
SpectreにはUSB Type-Cが搭載されています。これはUSB Type-C普及の流れが来ている中で中期的には良いことですが、それだけでは現状ちょっと不便です。HDMIやVGAなど、色々なものにつなげたい、ということでしたら、USB Type-C用のアダプターを購入することをおすすめします。なお、Amazonなどでも多数販売されていますので、そちらで購入されても良いと思います。私はAmazonで購入しました。

私が使用しているUSB Type-Cハブはこちら

スポンサードリンク