インスタグラムのハッシュタグとは?機能と使い方

mac
今回はインスタグラムのハッシュタグについて、機能と使い方を紹介します。

インスタのハッシュタグの機能と使い方

TwitterやFacebookでもよく見かける記号が、「#」。例えば「#Lunch」「#ビール」など、何かのキーワードとセットにして使われている「#」ですが、単にキーワードを並べるための記号ではありません。ここでは、「#」付きキーワード、通称「ハッシュタグ」の機能と、その使い方について紹介したいと思います。

ハッシュタグって?

ハッシュタグは、「#」付きのキーワードのことをいいます。Instagramで対応しているのは、日本語、英語、数字、iPhoneの絵文字のみ。このハッシュタグ、Instagramの投稿にも、最大で30個までつけることができます。ハッシュタグをつけることで、共通のキーワードを持つ投稿や、同じ趣味のユーザー、共通の場所にいたユーザーを簡単に見つけることができるのです。

ハッシュタグ

ハッシュタグの検索方法

ではさっそく、ハッシュタグを検索してみたいと思います。まずは、画面下の「検索マーク」をタップ。

検索をタップ

次に、画面上部の検索窓をタップし、カーソルを表示させます。さらに、検索窓の下の「#」をタップして選択。

シャープをタップ

そこに、検索したいキーワード、ここでは「Lunch」を入力します。すると、このように、入力したキーワードに近いハッシュタグが表示されるので、見たいものをタップ。

見たいものをタップ

そうすると、同じハッシュタグ付きの投稿を一覧で見ることができます。ここでは、「Lunch」というキーワードをつけた投稿が並んでいます。

共通のキーワードでつながろう!

写真や動画を共有し、つながることができるのは、Instagramの醍醐味。「#」の機能を利用して、共通の趣味や楽しみを持つユーザーを見つけて、つながったり、投稿を見て楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク