iPhone7はiPhoneSEよりもバッテリー駆動時間が短いことが判明

iPhoneバッテリー駆動時間が圧倒的に伸びたと言われているiPhone7。公式サイトでは「バッテリー駆動時間がiPhone史上最も長くなった」とも謡っています。しかし、実は特定の環境下ではiPhoneSEに分があることが分かってきました。

スポンサードリンク

iPhone7はiPhoneSEよりもバッテリー駆動時間が短い?

iPhone7のバッテリー駆動時間は特定の環境下においてiPhoneSEよりも短く、iPhoneSEの方が長く持つ場合があることが分かっています。

iPhone7 iPhone SE
連続通話時間 3Gで最大14時間 3Gで最大14時間
インターネット 3Gで最大12時間 3Gで最大12時間
4G LTEで最大12時間 4G LTEで最大13時間
Wi-Fiで最大14時間 Wi-Fiで最大13時間
オーディオ 最大40時間 最大50時間
(ワイヤレス)
ビデオ 最大13時間 最大13時間
(ワイヤレス)
連続待受時間 最大10日間 最大10日間

インターネット利用時

インターネット利用時のバッテリー駆動時間を見ていきましょう。iPhone7のバッテリー駆動時間はWi-Fi利用時はiPhoneSEに勝っていますが、4G LTE接続時はiPhoneSEの方がバッテリー駆動時間が長いです。

iPhone7 iPhone SE
インターネット 3Gで最大12時間 3Gで最大12時間
4G LTEで最大12時間 4G LTEで最大13時間
Wi-Fiで最大14時間 Wi-Fiで最大13時間

オーディオ再生時

オーディオ再生時のバッテリー駆動時間は、iPhone7が最大40時間に対してiPhoneSEが最大50時間。iPhoneSEの方が長く持つことになっています。

iPhone7 iPhone SE
インターネット 3Gで最大12時間 3Gで最大12時間
オーディオ 最大40時間 最大50時間
(ワイヤレス)

※iPhone7についてはワイヤレス時の駆動時間になるのでバッテリー駆動時間だけで判断してはならないかもしれませんが、ユーザーとしてはただ音楽を聴くだけ。比較対象とさせていただきました。

ユーザーとしてバッテリーの持ちだけ考えるならiPhoneSEも選択肢のひとつ

バッテリー駆動時間が飛躍的に伸びた!と評判のiPhone7。冷静に見てみるとiPhoneSEのバッテリー駆動時間が素晴らしいことを再認識することになりました。外出が多く、バッテリー駆動時間がひとつのiPhone決定要件だったりする方は、iPhoneSEも改めて視野に入れてもいいかもしれません。

スポンサードリンク