iPhoneでDockに入れるアプリを変更する方法

iPhoneは、多くの人が利用する大人気のスマートフォン。Apple独自のiOSは使っていて楽しく、スマートフォンがより身近に感じられる、とてもいい機種だと思います。

さて、今回はそんなiPhoneの使い方について。iPhoneでDockに入れるアプリを変更する方法を紹介いたします。Dockはホーム画面を見た時に、一番押しやすい場所にあり、ここに一番利用するアプリを置いておくとiPhoneの使い勝手が倍増します。

ぜひこの記事をご参考になって、自分ならではの、一番使いやすいiPhoneにカスタマイズしてみてください。

photo by Yanki01

スポンサードリンク

iPhoneでDockに入れるアプリを変更する方法

iPhoneでDockに入れるアプリを変更する方法はかんたん。以下の手順、わずか数ステップでアプリを変更することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

Dockにあるアプリを長押し

まずはじめに、iPhoneのDockに入っていてDockから外したいアプリを長押しします。

Dockから出すアプリを長押し

アプリをDockの外に移動

アプリのアイコンを長押しすると、アイコンが震えはじめますので、Dockから外したいアプリをドラッグ&ドロップしてDockの外に配置します。

アプリを外に出す

Dockの中にあるアプリが3つに

以下のようにDockの中にあるアプリが3つになります。

Dock内が3つに

Dockに入れたいアプリをDockへ移動

Dockのなかのアプリが3つになり空いたところで、Dockに入れたいアプリを長押し後、揺れ始めたらDockにドラッグ&ドロップします。

Dockにアプリを追加

確定させる

ホームボタンを押して配置を確定させます。

確定させる

以上になります。

Dockはアプリのなかでも一番頻繁に利用するものを置いておきたいところ。今回の方法を利用して、一番便利なiPhoneになるように、カスタマイズしてみてください。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク