iPhoneがすべる時の対処法 (滑らなくする方法)

iPhoneiPhone、私の周りだけなのかは分かりませんが、iPhoneを滑らせて落下させ、ガラスを割ってしまう惨事が多発。落下させた友人はみな悲しそうにしながらApple Storeに向かっていました。

せっかく買ったiPhone、上記のように破損させてしまうのはもったい無いですから、事前にできる対処はやっておきたいものです。

私はケースを使わず裸の状態でiPhoneを使用していますが、まだ滑って落下させたことはありません。それは、購入時から滑りへの対策をしているから。ここでは、私が施している滑り防止策を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサードリンク

iPhoneがすべる時の対処法 (滑らなくする方法)

液晶保護ガラスと背面保護シートの組み合わせ

友人がiPhoneを落としているのを見て、購入後の対策について慎重に考えた私。私のポリシー上、プロダクトデザインを隠してしまうケースの利用は考えられず、その他の対策を模索していました。そして、辿り着いたのが以下の組み合わせです。

背面保護フィルターでグリップ向上

背面保護フィルターはiPhoneを支える人差し指、中指、薬指のグリップになるようなものを選択。実際これが大分効果を示していて、適度な汗との摩擦により、しっかりiPhoneを握ることができます。iPhone背面のツルツル感が滑りの一番の原因となっていましたが、このシートがその課題をだいぶ解消してくれています。

液晶保護ガラスは万が一の落下のため

液晶保護ガラスは万が一の落下のため。液晶面のガラス破損防止です。また、滑らせないためには適度なグリップ感が必要なため、表面に若干柔らかさを感じられるものを選びました。通勤列車での覗き見対策としてプライバシーフィルター仕様にしています。

iPhoneやiPhonesをケースなしで使用しようとされているかた、是非この二つを合わせて使ってみてください。付けているのと付けていないので滑りにくさに雲泥の差がありますよ。

iPhone6用の覗き見防止ガラスフィルムはこれに決まり!Dolphin47 Edgeレビュー

2016.03.27

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク