iPhone7/ iOS10でバッテリー残量を表示する方法

バッテリー残量iPhone7はアップルから発売された大人気のスマートフォン。iPhone代々受け継がれている凛とした無駄のないデザインはそのままに、基本性能の向上。Suicaなどの電子マネーに対応し、防水機能も搭載。普段の生活で使いやすい、充実の端末になったと思います。

さて、今回はそんなiPhone7/iOS10の使い方について。

iPhone7はバッテリー性能が以前のiPhoneよりも向上。とは言っても、やっぱりバッテリー残量がどれだけあるかは常に確認しておきたいところです。iPhone7の初期設定ではバッテリー残量は表示されませんから、ここは設定で表示されるようにしておきたいところです。

ここでは、iPhone7/iOS10でバッテリー残量を表示する方法を紹介します。

スポンサードリンク

iPhone7/ iOS10の入力で言語を追加する方法

iPhone7/ iOS10の入力で言語を追加する方法はかんたんです。以下の手順で設定することができます。

設定に進む

まずはじめにiPhoneのホーム画面から設定に進みます。

設定に進む

バッテリーに進む

「バッテリー」を押してバッテリー表示の設定に進みます。

バッテリーに進む

バッテリーの残量表示をオンにする

「バッテリー残量」のスイッチをオンにします。

バッテリー残量

バッテリー残量が表示される

バッテリー残量が表示されます。

残量が表示される

以上になります。

バッテリーが無くなるとどうしようもなくなるのがスマートフォン。私たちの生活はもはやスマートフォンなしでは語れないくらい、スマートフォンは生活に根付いています。だからこそ、常にバッテリーの残量は気にしておきたいところ。ぜひこの設定をして、どんな時でもパーセンテージベースでバッテリー残量を確認できる環境を作っておくことをお勧めします。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク