iPhone7/ iOS10でストップウォッチを使う方法

iPhoneiPhone7はご存知アップルから発売されたスマートフォン。シンプルで無駄のないデザインに使いやすいインターフェース。Suicaなどの電子マネー対応も嬉しいところです。

さて、今回はそんな人気のあるiPhoneについて。

iPhone7/iOS10の時計アプリにはストップウォッチ機能がついています。この機能を使えば、ある特定のタイミングからかかった時間を把握できるので何かと便利。例えば30分集中して勉強しよう、だったり、料理をレシピ通りに作ろうとした時だったり。ここでは、iPhone7/ iOS10でストップウォッチを使う方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhone7/ iOS10でストップウォッチを使う方法

iPhone7/ iOS10でアナログ表示のストップウォッチを使う方法は簡単です。まずは以下の内容を見ながら試してください。

時計アプリを起動する

まずはじめにiPhoneのホーム画面から時計アプリに進みます。

時計に進む

ストップウォッチに進む

赤枠の「ストップウォッチ」をタップして、ストップウォッチに進みます。

ストップウォッチに進む

ストップウォッチが表示される

ストップウォッチが表示されました。

ストップウォッチ

以上になります。

ストップウォッチは物理的に持つのは荷物なので面倒。ですがiPhoneに入っていればいつでもどこでも使えて便利。時間を管理すると一気に効率が上がるのが僕ら人間。ぜひ、ストップウォッチを有効活用してみてください。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク