紛失したiPhoneに遠隔でロックをかける方法

Apple iPhone 6
iPhoneでは、外出先で忘れてきてしまったとき、もしくは落としてしまったときのために、PCでiCloudからiPhoneを遠隔でロックすることができる機能があります。iPhoneは個人情報が詰まっている大切なものだからこそ紛失した際には素早く対応したいもの。ここでは、なくしたiPhoneを遠隔操作でロックする方法を紹介します。今なくしていない方も、この機能の存在を知っておけば、いざというときに役立ちますのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

あらかじめ必要な設定と環境

「iPhoneを探す」設定

iPhoneの遠隔ロック機能を利用するためには、あらかじめ設定が必要です。まずは、ホーム画面の設定から、「iCloud」を開きます。

iCloud

次の画面に進んだら「iCloud」のメニューの中から「iPhoneを探す」を選択します。

iPhoneを探すを選択

以下の画面になるので、「iPhoneを探す」を「ON」にします。

iPhoneを探す

iPhone所在地の検索を可能にすることを「許可」します。

iPhoneを探すのを許可

以上であらかじめ必要な設定は終了です。

iPhoneを探すための環境

iPhoneを探すには上記の設定を含め、以下の環境が必要です。

・「iPhoneを探す」設定がされている
・Wi-Fi、3G、4G、LTEなどに接続されている。
・位置情報サービスがONになっている

iPhoneを遠隔ロックする

iCloudにサインイン

iCloudにログイン

まずはじめにiCloudのページでApple IDとパスワードを入力しサインイン。その後「iPhoneを探す」を選択します。

iCloudへ

遠隔操作したいiPhoneを選択する

画面中央の上のほうにある「全てのデバイス」をクリックし、遠隔ロックをかけたいデバイスを選択します。
iPhoneを探す画面

「紛失モード」をクリックする

選択したiPhoneを遠隔操作するための画面が出てくるので、「紛失モード」をクリックします。合わせてこの画面で充電残量を確認しておくと急ぐべきか判断できます。
紛失モード

パスコードなどを入力する

パスコードを設定していた場合は、パスコードを(確認のための再入力を含め)2回入力します。
パスコードを入力

連絡先電話番号を入力する

その次は、連絡先となる電話番号の入力します。もちろん、紛失中のiPhoneの電話番号は使用できません。入力したら「次へ」をクリックしてください。
連絡電話番号をいれる

メッセージを入力する

iPhoneのロック画面に表示されるメッセージを作成します。見つけて拾ってくれた方へのメッセージになります。
メッセージを入力

メッセージの入力が完了すると同時に、紛失中のiPhoneにはこのような表示が出るようになっています。
メッセージの表示

以上で遠隔でロックをかけるフローは完了です。

紛失モードを解除する

iPhoneが見つかったら、紛失モードを解除しましょう。

「紛失モード」をクリックする

「紛失モード」をクリックします。
紛失モードをクリック

「紛失モードを停止」をクリックする

「紛失モードを停止」をクリックします。

紛失モードを停止

「iPhoneの紛失モードを停止しますか」という表示が出てくるので、「紛失モードを停止」をクリックします。

紛失モードを停止

これで、iPhoneはロック状態はそのままに、紛失モードは解除されます。

以上になります。万が一なくしてしまった時、遠隔でロックができれば悪用される可能性が低くなります。注意を払っていてもモノを紛失することはありますから、まずはあらかじめの設定だけでもしておくことをお勧めします。今後どこかのタイミングで「設定しておいてよかった・・・」と思う日が来るかもしれません。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク