紛失したiPhoneの位置情報を調べる方法

Apple iPhone 6
外出先でiPhoneをどこかに忘れてきてしまったとき、もしくは落としてしまったとき、一番不安なのは「紛失したけどどこにあるのかわからない」という状態。個人情報が詰まっている大切なものだからこそ、iPhoneの位置を追跡したり、データを遠隔で消去したりする機能についてはあらかじめ知っておきたいところです。ここでは、iPhoneの「位置を探す」方法について紹介します。

スポンサードリンク

紛失してしまったiPhoneの位置情報を調べる方法

ここからは紛失してしまったiPhoneの位置情報を調べる方法を紹介します。iPhoneの位置情報を調べるためにはあらかじめ設定が必要なので、設定からお話ししていきます。

あらかじめやっておくこと

iPhoneをなくす前に、iPhoneのある位置を探すことができるアプリの設定しておきます。まずは、ホーム画面の設定から、「iCloud」を開きます。

iCloud

次の画面に進んだら「iCloud」のメニューの中から「iPhoneを探す」を選択します。

iPhoneを探すを選択

以下の画面になるので、「iPhoneを探す」を「ON」にします。

iPhoneを探す

iPhone所在地の検索を可能にすることを「許可」します。

iPhoneを探すのを許可

iPhoneを探す方法

ここでは実際にiPhoneを探す方法を紹介します。まずはじめに「iPhoneを探す」をインストールします。iCloudのページで 『「iPhoneを探す」をインストール』をタッチしてください。

iCloudへ

iPhoneを探すをインストール

いつものアプリと同様インストールしてください。

iPhoneを探すをインストール

iPhoneを探す画面では、Apple IDとパスワードを入力してください。

iPhoneを探す

すると、対象のデバイスの位置情報が表示されます。

以上になります。万が一なくしてしまった時、どこにあるかがわかればその近くや周辺を訪ねてまわることもできます。お店であれば、そこに電話をかけることも可能です。細心の注意を払っていても置き忘れはおきますから、まずは設定だけでもしてみてください。もしかしたら助かったと思う日がくるかもしれません。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク