iPhoneでパスコードを6桁から4桁にする方法

iPhone
iPhoneは多くの人が利用している人気のスマートフォン。Apple独自のインターフェースは使っていて楽しく、デザイン性も○。選ばれる理由が、はっきり分かります。

今回はそんなiPhoneの使い方について。iOS9から、初期設定時のパスコードが4桁から6桁になりました。6桁になるとセキュリティ上は安心度が高まりますが、実際に使っているユーザーの目線で行けば面倒。4桁に戻したいと思われている方も多くいらっしゃると思います。

そんな方に向けて、iPhoneでパスコードを6桁から4桁にする方法を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサードリンク

iPhoneでパスコードを6桁から4桁にする方法

iPhoneでパスコードを6桁から4桁にする方法は簡単です。以下の手順でパスコードの桁数を変更することができます。

設定に進む

まずはじめにiPhoneのホーム画面から設定に進みます。

設定に進む

Touch IDとパスコードに進む

Touch IDとパスコード部をタップして進みます。

Touch IDとパスコード

利用中のパスコードを入力する

利用しているパスコードを入力します。

パスコードを入力

パスコードを変更に進む

「パスコードを変更」に進みます。

パスコードを変更に進む

利用中のパスコードを入力する

利用しているパスコードを入力します。

古いパスコードを入力

パスコードオプションを押す

以下赤枠の「パスコードオプション」を押します。

パスコードオプションへ

4桁を指定する

これから使いたいパスコードの4桁を指定します。

4桁のパスコードを指定

希望の番号を入力する

パスコードを指定

以上でパスコードの桁数を6桁から4桁に変える方法は完了です。特にわずらわしさもなく簡単に変更することができます。6桁はセキュリティ的にはいいけど面倒。ある程度セキュリティリスクを割り切れる方はこの方法で4桁にしてしまってもよろしいかと思います。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク