iPhoneで撮影した写真をPCに取り込む方法

iPhoneiPhoneは多くの人が利用しているスマートフォン。その人気の高さは群を抜き、買い替えの話が出れば「iPhoneにするの?ほか?」のような会話になるほど。iPhoneを選ぶのが普通の世の中になっています。

さて、今回はそんなiPhoneについて。iPhoneで撮影した写真をPCに取り込む方法を紹介します。

iPhoneに保存した画像はそのままにしがち。PCにもバックアップを取っておくとiPhoneを紛失してしまった時に悲しい思いになることはありません。ぜひ以下の手順をご覧になってご利用ください。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサードリンク

iPhoneで撮影した写真をPCに取り込む方法

iPhoneで撮影した写真をPCに取り込む方法は簡単。以下の手順で設定することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。今回はWindows10に写真を移動する方法を紹介します。

iPhoneとPCをLightningケーブルでつなぐ

まずはじめに、iPhoneとPCをLightningケーブルでつなぎます。

エクスプローラーを開く

Windows10画面のWindowsマークを右クリックし、エクスプローラーを選択します。
エクスプローラーを開く

iPhoneを選ぶ

iPhoneを選びます。

iPhoneを選ぶ

Internal Storageを選ぶ

Internal Storageを選びます。

Internal Storageを選ぶ

DCIMを選ぶ

DCIMを選びます。

DCIMを選ぶ

100APPLEを選ぶ

100APPLEを選びます。

100APPLEを選ぶ

写真を選択して任意の場所に移動

PCに保存したい写真を選択して任意の場所(例えば「ピクチャ」や「デスクトップ」や「マイドキュメント」)にドラッグ&ドロップします。

ドラッグアンドドロップする

以上になります。とてもシンプルな作業で、基本的にはSDカードやメモリースティックなどと同様のプロセスです。iPhoneに保存した画像はそのままにしがちですから、このようにしてPCにもバックアップを取っておくと、iPhoneを紛失してしまった時などに助かります。写真は定期的にPCに取り込むことをおすすめします。

スポンサードリンク