iPhoneで写真・画像の明るさを変更する方法

明るさ変更
iPhoneは世の中で圧倒的な人気を誇るスマートフォン。スマホを買い換えるとなれば真っ先に名前が挙がり、多くの人がiPhoneを購入していきます。

今回はそんなiPhoneの使い方について。iPhoneで写真・画像の明るさを変更する方法を紹介いたします。iPhoneで撮った写真が思いのほか暗かったり、明るすぎたりした時はこの機能を使って写真を補正しましょう。とても手軽に出来ますし、細かい知識は必要ありません。

スポンサードリンク

iPhoneで写真・画像の明るさを変更する方法

iPhoneで写真・画像の明るさを変更する方法は簡単です。以下の手順で写真や画像の明るさを変更をすることができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

写真アプリを立ち上げる

まずはじめにiPhoneの写真アプリを立ち上げます。

写真アプリを立ち上げる

編集したい写真を表示し編集に進む

編集したい写真を表示し、表示したあとは、以下赤枠の「編集」をタップします。

編集する写真の表示

編集のアイコンをタップ

画面下の右にある編集のアイコンをタップします。

編集アイコンをタップ

露出を選択

いくつか表示される編集項目のなかから「露出」を選択します。

露出をクリック

明るさを変更する

以下の赤枠で明るさの調整が可能です。左右にスクロールしながら好みの明るさを見つけてください。右に行けば行くほど明るくなり、左に行けば左に行くほど暗くなります。

明るさ変更

暗くすると以下のような感じです。

暗い場合

完了する

好みの明るさが決まったら、画面の右下の「完了」をタップします。

完了

以上でiPhoneで画像の明るさを変更する方法は完了です。特に写真の知識が無くても簡単に画像の編集が行えます。FacebookやInstagram、Twitterなどに投稿するときはもちろん、日常写真のアーカイブとして保存しておくにも、好みの明るさで残っていた方が「いい記憶」として残りますから、「ちょっと暗いかな・・・」「明るすぎるかな・・・」と思った際には、是非このiPhoneの写真の明るさ調整機能を使ってみてください。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク