iPhoneのSafariで見ているWebページのトップに移動する方法

iPhoneiPhoneは日本で絶対的な支持を受けているスマートフォン。通勤列車に乗っていれば、同じ車両でiPhoneを使っている人、二桁は余裕で探せそうなほど。多くの人が好んで使っています。

今回はそんなiPhoneの標準ブラウザであるSafariについて。

iPhoneに限らずスマートフォンでウェブサイトを見るとスマートフォンに最適化された画面でサイトが表示されます。それらはスマートフォンで読みやすい一方で、画面自体が縦に長くなりがち。ページの下の方まで読んでからもう一回一番上に戻ろうとすると何回もスワイプしないとたどり着けません。

そんなときの解決策として、iPhoneのSafariは簡単な操作でページの上部に移動できる機能を持っています。ここでは、iPhoneのSafariで見ているWebページで一番上に移動する方法を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサードリンク

iPhoneのSafariで見ているWebページのトップに移動する方法

iPhoneのSafariで見ているWebページの一番上に移動する方法はかんたん。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら数回試してみてください。

ステータスバーを2回タップする

ウェブページの一番上部に戻りたいと思った際は、Safariの一番上の時間などが表示されているステータスバーを2回タップします。

何もしない状態

通常の状態

一度目のタップ

ステータスバーをタップします。

ステータスバーをタップ

2度目のタップ

アドレスバーが出てきますが、その上のステータスバーを再度タップします。

ステータスバーをタップ

ページトップに移動

トップに移動

ステータスバーを二回タップ。ただこれだけで、ウェブページの上部に移動することができます。何回もスワイプして戻るより、こちらの機能を利用して戻ってしまった方が手間も時間もかかりません。ぜひご利用ください。

iPhoneの使い方一覧

2015.12.05
スポンサードリンク