ブログ運営の効率化に!ランサーズで記事の外注はじめてます

ノート

このUSEFuLNOTESも運営し始めて 2年経ちました。ブログ開設当初は、自分自身で学んだものや、業務で利用した知識をためておく場として利用していましたが、今では多くの人に閲覧いただける場になりました。現在は、個人のブログとしてはそこそこの規模に。幅広く記事を書いているので、チリツモでアクセスが集まってきています。

スポンサードリンク

記事を増やすために利用しだしたランサーズ

ランサーズ

ブログをやってて何よりも感じたのは、インデックス数を増やせば増やすほどSEOが強くなってアクセスが集まること。当たり前のセオリーかも知れませんが、一番きいているように感じます。だからできるだけ一日に複数本記事をあげようと考えていますが、なかなか複数本記事書くだけの時間が取れなかったりします。そこで、私が最近利用しだしたのがランサーズ。ランサーズを利用して外注しはじめました。

ランサーズ 公式サイトへ

ランサーズではブログの執筆を外注

ブログの依頼

私がランサーズを経由して外注しているのは、ブログの「一部」を書いてもらうこと。いままでトータルで50本程度書いていただきました。

例えば、「◯◯する方法」のようなお役立ちマニュアル系の記事については、その具体的な操作部分について、テキストと、操作のスクリーンショットを依頼し納品いただいています。私は、それらの納品物をもとに、自分でイントロとアウトロを作り、さらに納品物を校正してブログにアップしています。イントロ、アウトロ、そして校正を自分自身でやるのでブログの全体のテイストがブレることはありませんし、違和感なくブログに馴染んでいきます。

上記のように説明すると「結構面倒なことしてるのかな?」と思われてしまいそうですがそんなことはありません。校正といってもそこまで大きな校正は入りませんし。ランサーさん(外注先)とコミュニケーションをすればするほど、納品物の完成度は高くなりますし、校正の必要はなくなってきます。たとえば私の場合、文章のリズムだったり、漢字をひらがなに開いて書くだったりを細かめにお願いして、そのように納品していただいていますし、ブログ用にhタグも付与して納品していただいたりもしています。できるだけ早い段階で、納品物に対してディレクション、フィードバックすることがランサーズを有効に使うコツだと思います。

ランサーズ 公式サイトへ

私はLine Musicのコンテンツ、その他を依頼

LINE MUSICの記事

先ほど書いたように、私はこれまで50本程度ランサーさんに外注して記事を書いていただきました。たとえば、私のLine Musicのコンテンツ。これはほとんどランサーさんに書いてもらったものです。この時期、Windows10がリリースされるタイミングだったので、Line Music系を外注し、私はWindows10関連の記事に集中していました。一人だったら大変だったと思います。おかげさまで、アクセスもだいぶ増えました。

このような形で、自分の意志が入りにくいところの作業をランサーズで外注するのはブロガーにとってとても効率化がはかれていいことだと思いますし、これからも継続して利用していこうと思っています。

まずはランサーズで案件を確認してみては?

ランサーズで外注する、しないにせよ、ランサーズのサイトで現在募集されている案件を確認してみてはいかがでしょうか?依頼しえる作業と似たような案件が募集されていて、相場を把握できるかもしれません。私も初めはランサーズのサイトに行って相場を確認。その後登録。最終的に依頼するところにまで至りました。ぜひ一度ご確認になってください。

ランサーズ 公式サイトへ



スポンサードリンク