認定ランサーになるためにやった3つのこと|ランサーズ

macUSEFuLNOTESでは、主にiPhoneやWindowsなどのガジェット情報について発信し続けてきました。

このようなブログを運営するにあたっては、記事の本数を増やし内容を充実させることが重要だろうと思い、実は一年くらい前に、いくつかの記事をランサーズを通して外注したことがありました。そしてその際、すごく素敵なランサーさんと、ちょっと満足できないランサーさんに出会いました。

「この差は何だ・・・・。」

そしてこの夏、新たな展開がありました。それは、USEFuLNOTES以外で私が運営しているブログの収益化を目論んだこと。USEFuLNOTESを運営しながら、他のブログの記事まで手作りは難しく、外注を検討したのです。そして、検討を進めるにあたっては「クライアントもランサーの気持ちを分からなくてはならない」と思い、ランサーズの受注側にも登録して、いくつか、得意な領域を中心に仕事をこなしていきました。

そして、こなしながら過ごしていた3ヶ月目。なんと、認定ランサーになってしまいました!

USEFuLNOTESと他のブログの運営もあるし、そもそも本業もあるため、空き時間を使ってキャパシティの範囲内で請け負っていましたが、思わぬ展開にびっくり。

けど、改めて振り返ると、確かに、認定ランサーになれそうな働き方、使い方をしていたように思えてきまして。私なりの認定ランサーになるために行ったことを、ここにまとめてみようと思い立ちました。ここからは、私なりの、ランサーズで認定ランサーになるために行ったことを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ランサーズで認定ランサーになるためにやった3つのこと

自己紹介の充実

ノートランサーズの自己紹介は、できる限り個人が特定されない範囲内で詳しく書きました。具体的には以下の要領です。※若干変更しています。

お世話になっております。
XXXXXXXと申します。

本案件を拝見し、お力になれると考え、ご連絡させていただきました。

まずは簡単ですが、以下に私の経歴等記しますのでご確認ください。

■経歴
私は大学卒業後、
某東証一部上場企業にて、職務としては、企業ウェブサイトのスペシャルコンテンツの企画、制作を3年、
ウェブマスター業務(ウェブマネジメント、サイト構築)を5年、
運用型広告担当を1年担当しております。

プライベートでもブログとアフィリエイトサイトを運用しています。
主にブログに力を入れており、波はありますが月間XXX万PV~XXX万PVでこの半年間推移しています。

■得意
・趣味は旅行と食事、ブログです。その分野は相対的にスピーディに対応できます。
・食べログにも300件以上レビューを書いています。
・SEOに関する基礎的な知識は保有しています。

今回の案件についてですが、

■XXXXXX(案件に合わせた文言)

今回、ご縁があることを楽しみにしております。
何卒、よろしくお願い致します。

ここで自分のオリジナリティ、付加価値を出して、発注する安心感を醸成します。

発注側としていつも思うのは、やっぱりランサーさんの納品物には質のバラツキがあること。コピペ記事なんて普通に来ますし、商品の紹介を頼んだとしても、公式サイトと違う情報を記述してくる方もいます。

発注側は、納品物がくるまでそれを把握できないんですよね。納品物に対してフィードバックして戻しても、いい納品物になって返ってくることなんて稀だったりします。だから、できる限り発注前に吟味します。自己紹介文で、できる限り信頼できる人を探そうとするわけです。結果、自己紹介文が充実していると、受注しやすくなります。

はじめから記事単価1円越えで受注できたのですが、それには、そういった経緯があると思っています。

早いレスポンス

Mac これはビジネス上では当たり前のようにこなすことなのですが、クライアントからのメッセージに対しては、1日以内に返していました。1日以内に返すと、クライアントの満足感が上がるだけでなく、ランサーズの認定ランサーの基準をクリア。結果的に、認定ランサーに近づくことができます。

自分の得意領域を受注する

mac自分の得意領域を受注するのはとても大切なことです。どのクライアントも、ランサーへオリジナルの文章を期待しています。オリジナルの文章を書くためには、自分の意見や見解、もしくは自分ならではの砕けた説明が必要になります。

ではここで改めて考えてみましょう。オリジナルの文章、何も知らない分野で可能でしょうか?いえいえほぼ不可能、なかなか難しいですよね。結果的に、どこかの記事をコピー、若干の修正で納品となり、結果的にクライアントに満足してもらえません。

私はSEO、オンライン広告、SNS、マイクロソフトオフィスについては得意領域だったためその分野を受注して、結果的によい評価をもらうことができました。

まとめ

ここまでざっと私がランサーズで認定ランサーを取るまでに行ってきたことを紹介しました。改めて見ると、結構やったことはシンプルですし、基本的なことだったりします。認定ランサーになると、紹介案件も増えますし、単価も上がる傾向にありますので、ぜひみなさんも、認定ランサーになって、隙間時間で稼いでいきましょう。

スポンサードリンク