ランサーズ プロジェクト型体験談 案件の「選択」と「提案」

ランサーズ
ランサーズは、仕事を頼みたい人と受けたい人をつなぐ、クラウドソーシングプラットフォーム。とても便利でWin-Win。多くの人に利用されていて、私もブログを効率よく運営するためにランサーズを利用して、記事の執筆などを外注しています。そんなランサーズ。今回は、外注を受ける側としてランサーズを利用しようと考えている方に向けて、実際にランサーズを使って受注、案件を請け負った人に伺った「プロジェクト型」の感想、所感を紹介しようと思います。

今回話を伺ったのは、私の外注先のKさん。いつも案件を高いクオリティでこなしてくれる、私が信頼を置いている外注さんです。

ランサーズ 公式サイトへ

スポンサードリンク

ランサーズ体験談 プロジェクト型体験談 案件の「選択」と「提案」

ここから先は外注さんが感じたの感想です。外注さんにいただいた文章をそのまま載せています。ぜひお読みになって、ランサーズ利用の参考になさってください。

ブログの依頼

ランサーズのプロジェクト型へのトライ

タスク型やコンペ型を一通り体験してみた後は、仕組みがわからなかったために少し謎の多かった「プロジェクト型」に挑戦してみることに。プロジェクト型だと、固定報酬でセットの案件(○○円で○記事作成など)になるので、タスク型よりまとまった収入になります。
また、クライアントとランサーズ内のスレッド機能を利用しての相互のやりとりがあることが特徴です。私の場合、作成した記事の提出も、このスレッドの添付機能を使って行っていました。

プロジェクト型の開始までの流れ

開始までの流れとしてはまず、やってみたいと思った案件に対して、「提案」という、いわゆる立候補のような意思表示をします。募集期間が終了すると、クライアントが、提案してきたランサー(受注側のライター)の中から発注するライターを決定し、プロジェクトが始まるという流れになります。

最初のステップ、案件の「選択」と「提案」

案件のリストを見てみると、「継続も可能」な案件や「初心者歓迎」など、始めやすそうなものも沢山ありました。はじめてだったので、私自身いつも利用している身近なアプリの使い方の記事作成依頼に対して提案。ランサーの募集期間が終了して、クライアントが発注するランサーを選ぶとき、私の場合、ラッキーなことに、他に提案者がいなかったのもあって、ランサーとして選んで頂きました(笑)。これがプロジェクト型では最初のステップになります。

案件・クライアントを選ぶときに考えたこと

私が案件を選ぶ時に見たのは、トピックや条件だけではありません。実際作業するとなると、クライアントと直接コミュニケーションをとることになるので、知り得る情報の中から「どんな人か」「どんなお仕事をしている人か」という事を読み取るようにして、マッチングを図ろうとしました。
私のクライアントは、普段ご自身でもブログをやっている方だったので、そのブログの雰囲気をできるだけ壊さないように、スレッド内でのメッセージのやりとりの中でも、クライアントの書く文章から雰囲気や文体を感じ取って、記事を書く時の参考にしました。

やっぱりランサーズは人と人とのつながり

いかがでしたでしょうか?外注さんがプロジェクト提案時、プロジェクト進行中に意識されていたのは「人とのコミュニケーション」。成果物をお互いにとって良いものにするためには、適切なコミュニケーションが必要なことが分かります。確かに私も「いい感じ」のコミュニケーションをKさんとはとれたように思えます。そして、成果物はかなり満足のいくものでした。ぜひランサーズを始められる際は、「コミュニケーション」を意識してみてください。

まずは登録して案件や働き方を確認してみては?

ランサーズで受注するのに興味がありましたら、まずは登録してみてはいかがでしょうか?ランサーズは登録無料です。登録して、現在外注の募集がでている案件を確認してみると、ご自身のスキルやスタイルで、どんな仕事ができるかイメージがつかめるかもしれません。



スポンサードリンク