外注さんから見た ランサーズのタスク型とコンペ型

ランサーズ

ランサーズはブログを運営する私のような人にとっては、外注さんと出会い、作業効率化を実現するための第一ステップ。それを受注する外注さんにとっては、多くの案件と出会い、自身の持つ強みを発揮するチャンスを得る場所です。今回は、外注さんのランサーズを使って案件を受けていく上で感じたことに注目します。プロジェクト型をメインとする外注さんに、タスク型とコンペ型の、それぞれの感想を聞いてみましたので下に紹介していきます。

ランサーズ 公式サイトへ

スポンサードリンク

プロジェクト型以外のライティング経験

ここからの文章は外注さんに書いてもらったものをそのまま掲載しています。内容もそうですが、文章の構成能力にも注目です。

ブログの受注

外注さんのタスク型・コンペ型の体験談

「タスク型」「コンペ型」「プロジェクト型」の3つから、自分の得意なスタイルを選んでライティングできる、ランサーズ。現在私がメインにしているのは「プロジェクト型」ですが、その前にお試し感覚で一通りやってみた「タスク型」と「コンペ型」についての経験談です。

一番ベーシックな「タスク型」

ランサーズをはじめたばかりのころは、主に「タスク型」の記事作成をやっていました。案件のジャンルは、ブログ記事作成から口コミ、体験談、ハウツーコラムなど。他サイトと比べて、案件のジャンルの幅広さが印象的でした。使用してほしいキーワードや「です・ます調で」などの雰囲気の指定があり、それに従って書いていくのなのでシンプルで簡単なのですが、細かな指定や条件を全て満たしていなければ、 「非承認」になることも。他サイトでは、「非承認」になった場合その理由が表示されるところもあるのですが、「非承認」になると「テキトーにやりすぎたかな?」となんとなく原因は分かっているものの、モヤモヤしました。

アイディア勝負「コンペ型」

ライティング部門でのコンペで多いのが、新製品の名前や会社名、キャンペーンでのコピーなどの募集です。広告代理店でのインターンでコピーの書き方などを勉強したことがあったので、興味本位でキャンペーンや新製品のコピーを考えてみたものの、撃沈(笑)。興味本位ではなく、ちゃんとクライアントの要求を読み解く作業が必要だったと反省しました。当選したコピーやネーミングを見てみると、シンプルだけど「思いつきそうで誰も思いつかなかった」ような「なるほど」感のある作品が多かったように感じます。面白い依頼も多いので、挑戦してみるのも面白いなと思います!

まずは登録して案件や働き方を確認してみては?

いかがでしたでしょうか?ランサーズには多様な案件、働き方があり、外注さんも自分のスタイルに合わせて案件を選べます。まずは一度ランサーズに登録して、案件や働き方、成果報酬を確認してみてはいかがでしょうか?ご自身にあう案件が見つかるあもしれません。



スポンサードリンク